Clubpyme Car Graphic

魅力はデザインだけにあらず。
デイリーユースに配慮した工夫や、
先進の安全装備を搭載した軽トールワゴンは、
藤原さんファミリーの目にどう映る?

かわいらしいボディーに便利機能を満載

「ツートーンがかわいいですね!」
藤原さん夫妻は、ひと目で「ムーヴ キャンバス」が気に入ったよう。娘さんたちもうなずいている。

canbusという名前は、「can=なんでもできる」+「bus=ミニバスのようなデザイン性」という意味。ライフスタイルにこだわりがある女性に向けた軽トールワゴンなのだ。丸みのあるかわいらしいフォルムで、ツートーンも含めてカラーバリエーションは17種類が用意されている。

「私は機能や走りのことはあまりよくわからないので(笑)、クルマ選びはまず見た目と色ですね。その意味では、『ムーヴ キャンバス』はとてもいいと思います」とは奥さん。

ルックスがいいだけでなく、使い勝手だって考えられている。車高は「ムーヴ」と同等で「タント」よりは低い1655mm。このクラスで両側スライドドアを採用するのは初のこと。

「スライドドアはありがたいですね。小さい子供もいるので“ドアパンチ”してしまうのが怖いんです。これなら心配ないし、乗り降りもしやすそう」

使い勝手の面で画期的なのが、後席シート下収納「置きラクボックス」だ。シートの下に隠されているボックスの中に、普段使わないものを置いておける。引き出して中敷きを立てれば、買い物などの荷物を置くスペースになるのだ。

「席の上に置いておくと落ちてしまうことがありますが、食品の入った袋を床に直接置くのもイヤ。これを使えば、問題は解決ですね!」

安全装備も万全で、「スマートアシストIII」を採用。軽自動車では初採用となるステアリング連動ヘッドランプ「AFS(Adaptive Front-lighting System)」も選べる。

「買うならスマアシIIIは絶対に選びたい。家族の安全が第一ですから」

家族みんなでカタログとにらめっこする藤原さんファミリー。奥さんいわく「スマアシIIIは必須!」とのことだが、「ムーヴ キャンバス」では「L」を除く7グレードにスマアシIIIが装備されている。豊富なラインナップも、このクルマの魅力なのだ。

カラーバリエーションはツートンカラーも含め、全17種類! ツートンカラーを選ぶとインテリアの仕様も変わるので、デザインにこだわる人は、ダイハツ公式ウェブサイトの「オンライン見積もり」などを使って、コーディネートをチェックしてみよう。

家族みんなでカタログとにらめっこする藤原さんファミリー。奥さんいわく「スマアシIIIは必須!」とのことだが、「ムーヴ キャンバス」では「L」を除く7グレードにスマアシIIIが装備されている。豊富なラインナップも、このクルマの魅力なのだ。

カラーバリエーションはツートンカラーも含め、全17種類! ツートンカラーを選ぶとインテリアの仕様も変わるので、デザインにこだわる人は、ダイハツ公式ウェブサイトの「オンライン見積もり」などを使って、コーディネートをチェックしてみよう。

女性はもちろん、男性にもオススメです

薄いブルーやベージュのツートーンなど、女性に好まれそうなボディーカラーを取りそろえている「ムーヴ キャンバス」ですが、実はユニセックスな色合いの、男性にも似合う色も用意されているんですよ。見た目が注目されがちですが、スマアシIIIが採用されていて安全装備は万全。このモデルで初採用されたパノラマモニターも、駐車する時などに便利ですね。

ヴォクシーとらぴんさん

満足度
4

妻の車の買い替えで

子供が出来てから22型ラパンでは子供の乗り降りに隣の車に気を使うことが多くスライドドアの車が欲しい しかしタントやスペーシア等のデザインはかわいくないという妻の意見から買い替えが中断していたところへこのキャンバスをCMで見てダイハツへ見に行ってこれが欲しいということで買い換えました。
【エクステリア】 買い替えの動機となったのがこの外観ですので、満...

  • エクステリア
    5
    インテリア
    4
    エンジン性能
    3
    走行性能
    3
    乗り心地
    3
    燃費
    4
    価格
    3