Clubpyme Car Graphic

走りの違いにビックリ!
平成18年式の「タント」を所有しているという
古田さん親子が、
今回のイベントを通して感じた、
軽自動車の進化について語った。

12年の歳月がかなえた軽自動車の進化を実感

「実は息子が今『タント』に乗っているんです。平成18年式モデルですが」

息子さんのほうは1年半前に運転免許を取得したばかり。そこで古田さん親子は、クルマに慣れるために中古車の「タント」を購入したそうだ。今回は、新しいモデルの進化ぶりを見ようと、親子でイベントに参加した。

「広さは家の『タント』でも十分なんですが、走りはまったく違いますね。軽自動車の性能が良くなっているとは聞いていたんですが、想像以上です。走りの質感は登録車と変わりません」

昔はスポーティーなセダンに乗っていた古田さんだが、「タント」の走りに感心したようだ。それは息子さんも同じ。

「静かさがまったく違います。同じスピードでも、エンジンの回転数が低いように感じました」

「タント」は子育て層に絶大な人気を誇るスーパーハイトワゴン。家族が乗るのだから、静かさも重要な性能なのだ。背が高くて広大な室内空間が確保され、両側スライドドアを備えていて使い勝手もいい。助手席側はピラーをドアに内蔵する「ミラクルオープンドア」を採用。前後のドアを開けると、広くて大きな開口部が出現する。幅は1490mm。じゃまになる柱がない(ドアに内蔵されている)ので、乗り降りはスムーズだ。ベビーカーを畳まずに載せることだってできる。

「3台に乗ってみて、『ムーヴ キャンバス』はおとなしめ、『キャスト アクティバ』はスポーツカー的な味付けだと思いました。息子ともども、ちょうどいい乗り味の『タント』が一番のお気に入りです」

広さや使い勝手、走りだけではない。自然吸気のモデルならJC08モードで28.0km/リッターと低燃費だし、「スマートアシストIII」などの先進安全装備も用意されている。「タント」は、軽自動車に求められるすべてを備えたオールマイティーな存在なのだ。

新型「タント」に乗り、いざ公道へと繰り出す古田さん親子。実は平成18年式の初代「タント」のオーナーだった。

試乗を通して感じた、「タント」の進化について語る古田さん親子。ダイハツのスタッフも、貴重な意見に真剣に耳を傾けていた。

一代にしてスーパーハイトワゴンという新しいジャンルを築き上げ、多くのフォロワーを生んだ「タント」。現行型は初代から受け継がれてきた広さに加え、走りも燃費も、安全装備にもこだわった、万能な一台に進化を遂げていた。

新型「タント」に乗り、いざ公道へと繰り出す古田さん親子。実は平成18年式の初代「タント」のオーナーだった。

試乗を通して感じた、「タント」の進化について語る古田さん親子。ダイハツのスタッフも、貴重な意見に真剣に耳を傾けていた。

一代にしてスーパーハイトワゴンという新しいジャンルを築き上げ、多くのフォロワーを生んだ「タント」。現行型は初代から受け継がれてきた広さに加え、走りも燃費も、安全装備にもこだわった、万能な一台に進化を遂げていた。

“背高のっぽ”な軽自動車の草分け的存在

「タント」は2003年に初代がデビューし、スーパーハイトワゴンという新しいジャンルを開拓しました。軽自動車の規格の中で最大限のスペースを確保し、加えて走りの質を高めてきています。いまや日本のスタンダードなクルマという地位を獲得していますね。子育て層はもちろんですが、使いやすいサイズで高齢者にも人気となっています。

野鳥太郎さん

満足度
5

見た目から想像するより
衝撃的に良いクルマだと思う

代車として20日間使用して思ったより良い印象だったのでレビューします。
【20日目】 ・ハンドルに付いているPWRボタンを押すとエンジン回転数が上がる。逆に押さないと上がらないので街中では頻繁にON/OFFが必要。ヒールの女性が運転する場合はこの方式の方が便利だとは思う。
・急加速中はハンドルを切っても思ったより曲がらない印象(考えたらFFなので当た...

  • エクステリア
    3
    インテリア
    5
    エンジン性能
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    燃費
    3
    価格
    5