Clubpyme Car Graphic

操作がややこしい上に、
クルマを運転する上で避けては通れない作業といえば、
バックでの車庫入れ。
何度もハンドルを切り返すことなく、
スムーズに駐車できるコツとは?

ハンドル操作は「すべて切る」か「真っすぐ」の2択

バックしながらの車庫入れが不得意な人は多い。苦手を克服するためには、シンプルな操作を心がけること。ハンドルはいっぱいに切るか真っすぐの2通りで、中途半端な回し方はしない。そしてクルマを動かしている時は、ハンドル操作を行わないようにする。

「駐車枠へのアプローチから車庫入れは始まっています」と、藤島さん。まずは駐車枠にクルマを寄せつつ前進し、自車を車庫入れしようとしている駐車枠の進行方向側の白線が自分の真横に来たら一旦停止。ハンドルを左いっぱいに切って、再び前進する。ゆっくりと進みながら、確認するのは運転席側のドアミラー。右隣に止まるクルマのバンパーの左端が、自車の車体の延長線上に重なるまで角度がついたら、再び停止する。

ハンドルを真っすぐに戻し、ゆっくりとバック。自分のクルマの後輪が左隣のクルマのバンバーに近づいたところでストップ。今度はハンドルを右いっぱいに切ってバックする。進んでいくとクルマが白線と並行になるので、停止してハンドルを真っすぐに。さらにバックして隣のクルマと位置をそろえる。左右の間隔を見て、偏っているようならもう一度前進して調整する。

言葉にすると長いが、ハンドルを操作するのは主に4回だけ。操作のタイミングさえ覚えてしまえば簡単だ。これは駐車枠が右側にある場合で、もし左側の駐車枠にクルマを止める場合は、目視するミラーとハンドルの向きを逆にすればいいだけである。

クルマの外から藤島さんが「そこでストップしてください」「ハンドルを右いっぱいに切って」とアドバイス。最初は「運転は3年ぶりなんです……」としり込みしていた古屋さんの奥さんも含め、全員がミッションをクリアしてみせた。

まずは駐車枠の右の白線が、自分の真横に来るところで停止。ハンドルを左いっぱいに切って、右のドアミラーに隣のクルマのバンパー、もしくは駐車枠の右前端(写真のコーンが目安だ)が映るまで前進する。

ハンドルを真っすぐにして、右のリアタイヤが駐車枠の右前端に近づくまでバック。写真のような位置まで来たら一旦停止し、右にめいっぱいハンドルを切ってさらにバックする。

皆が見守る中、見事に駐車に成功。この方法だと、ハンドル操作は「左右のどちらかにめいっぱい切るか、真っすぐか」のみ。メリハリをもって、ひとつひとつの操作をキチっとこなすだけで、車庫入れはぐんと簡単になるのだ。

まずは駐車枠の右の白線が、自分の真横に来るところで停止。ハンドルを左いっぱいに切って、右のドアミラーに隣のクルマのバンパー、もしくは駐車枠の右前端(写真のコーンが目安だ)が映るまで前進する。

ハンドルを真っすぐにして、右のリアタイヤが駐車枠の右前端に近づくまでバック。写真のような位置まで来たら一旦停止し、右にめいっぱいハンドルを切ってさらにバックする。

皆が見守る中、見事に駐車に成功。この方法だと、ハンドル操作は「左右のどちらかにめいっぱい切るか、真っすぐか」のみ。メリハリをもって、ひとつひとつの操作をキチっとこなすだけで、車庫入れはぐんと簡単になるのだ。

ナビゲーターはこの人 ナビゲーターはこの人

いっぱいに切るか真っすぐか

車庫入れが苦手という人は、ハンドルをいつ、どのくらい切ればいいのかわからないという悩みを抱えています。いっぱいに切るか真っすぐという2つに決めてしまえば、この問題は解決。シンプル・イズ・ベストです。

手順を守って、ゆっくり操作

もうひとつの悩みは、モタモタしているとまわりのクルマに迷惑になると焦ってしまうこと。でも、あわてればあわてるほど時間がかかってしまいます。手順を守って、ゆっくり操作するほうが早く駐車できるんです。