Clubpyme Car Graphic

カーライフで遭遇する最大の難関として
恐れられる縦列駐車……。
しかし、藤島さんいわく
「やることは車庫入れと一緒」とのこと。
シンプルな操作を心がければ、
決して難しいことではないのだ。

気をつける点は車庫入れと変わらない

車庫入れ以上にハードルが高いのが縦列駐車だ。中には「できれば一生やりたくない……」などというドライバーもいるというが、藤島さんはここでも「前後のクルマの間隔が、自分のクルマの1.5倍以上あれば駐車できます」ときっぱり。軽自動車は全長が3.4m以下と定められているので、5mほど空いていれば駐車できることになる。

説明も単純明快だ。まず、アプローチは車庫入れと違い、駐車枠や前後のクルマから1mほど横に間を空けておく。駐車枠へ進入する際に、大きく角度をつける必要があるからだ。

その状態で前進し、前のクルマの後端と自分のクルマの後端がそろったところで停止。左側の路肩に駐車する場合は、次いで、ハンドルを左いっぱいに切ってバックする。この時、運転席側のドアミラーを見ながら進むこと。後ろのクルマのバンパー左端(駐車枠の左奥)がドアミラーの真ん中に見えたら停止する。

ハンドルを真っすぐに戻し、ゆっくりとバックを再開。右後輪が白線の真上に来たら、再び一旦停止。今度はハンドルを右いっぱいに切ってバック。枠に収まって平行になったらハンドルを真っすぐに戻す。前後の位置を確認し、真ん中になるように調整して終了。この日最も困難な課題だったが、みんなすっかりコツをつかんだようだ。

前の駐車枠に入っているクルマの横に自分のクルマを並べたら、左にめいっぱいハンドルを切って後進。ドアミラーの中で、駐車枠の左後ろ端が自車のボディーの延長線上にきたらクルマを一旦停止する。(後ろにクルマが駐車している場合、バンパーを目安にするとわかりやすい)

ハンドルを真っすぐにしてバック。右のリアタイヤが駐車枠の白線に乗ったら、一旦停止してハンドルを右いっぱいに切る。

枠内にクルマが並行に収まったら、ハンドルを真っすぐにして、枠の中央にクルマが位置するように前後を微調整。この際、前後のクルマや縁石に接触しないよう気をつけよう。

前の駐車枠に入っているクルマの横に自分のクルマを並べたら、左にめいっぱいハンドルを切って後進。ドアミラーの中で、駐車枠の左後ろ端が自車のボディーの延長線上にきたらクルマを一旦停止する。(後ろにクルマが駐車している場合、バンパーを目安にするとわかりやすい)

ハンドルを真っすぐにしてバック。右のリアタイヤが駐車枠の白線に乗ったら、一旦停止してハンドルを右いっぱいに切る。

枠内にクルマが並行に収まったら、ハンドルを真っすぐにして、枠の中央にクルマが位置するように前後を微調整。この際、前後のクルマや縁石に接触しないよう気をつけよう。

ナビゲーターはこの人 ナビゲーターはこの人

シンプルな操作を心がけて

参加者の中に、「縦列駐車はしない!」と断言する方が2人いました(笑)。でも、車庫入れ同様ハンドルの角度を「真っすぐ」か「ぜんぶ切る」かの2つに決めれば大丈夫。ハンドルを操作する時は必ず一旦停止し、シンプルな操作を心がけてください。

手順を覚えれば怖くない

心配なのは、前後のクルマに接触しないかということ。前半では前のクルマの右後端に注意し、クリアしたら後ろのクルマを気にしながら、また自分のクルマが歩道に近づきすぎないように気をつけてゆっくりとバックしましょう。