ALFA ROMEO STELVIO 2.2 TURBO DIESEL Q4 キービジュアル ALFA ROMEO STELVIO 2.2 TURBO DIESEL Q4 キービジュアル
万能系アルファ・ロメオ 万能系アルファ・ロメオ

ブランド誕生から100年を超える歴史を持つ
アルファ・ロメオが、初めて手がけた
SUV「ステルヴィオ」。
ガソリンエンジン搭載車だけだったラインナップに、
自慢のコモンレールシステムを採用した
ディーゼルモデルが加わった。
「スポーツディーゼル」を名乗る
パワーユニットの実力を確かめるには、
ロングドライブに連れ出すしかない。
都心を後に、朝日が昇る春の海を目指した。

実はこだわりのエンジニアリング集団 実はこだわりのエンジニアリング集団

アルファ・ロメオは100年以上の歴史を持つイタリア・ミラノ生まれの自動車メーカーだ。高級車とスポーツカーを得意とし、創立から現在に至るまで常にスポーティーなクルマづくりを続けてきた。コンペティションの世界における活躍にも目を見張るものがあり、第2次世界大戦前にはタルガ・フローリオやグランプリで、戦後はF1やスポーツカーレースで輝かしい戦績を残している。

イタリア車というと美しいスタイリングがもてはやされることが多い。アルファ・ロメオも戦前、戦後を通じて数々の美しいクルマを生み出した。その一方で、アルファ・ロメオはこだわりの技術集団としても知られる。早くから実用車にDOHCやアルミブロックを採用したほか、最近ではマルチエア、ツインエアというユニークなメカニズムをもつエンジンを手がけた。もうひとつ重要な成果は、コモンレール技術を開発しいち早く実用化にこぎつけたということだ。きめ細かく燃料噴射を制御することで、ディーゼルエンジンの高効率化、クリーン化に寄与し、今ではディーゼル車に不可欠の技術とされる。ディーゼルエンジン開発に造詣が深い、先駆者ならではの功績といえるだろう。

そのアルファ・ロメオが初めて手がけたSUVであるステルヴィオのラインナップに、ディーゼルエンジン搭載モデルが加わった。日本の厳しい排ガス規制をパスするクリーンなエンジンであるだけでなく、最高出力210ps、最大トルク470Nmと、2.2リッター4気筒ディーゼルとしては最もパワフルなスペックを備えて登場するあたり、アルファ・ロメオの面目躍如だ。早速試乗してみよう。

  • サムネイル写真

    2019年2月18日に国内デビューした「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」のディーゼルモデル。販売は同年4月6日に開始される。

  • サムネイル写真

    最高出力は210ps。1750rpmという低回転域で470Nmもの最大トルクを発生する2.2リッター直4ディーゼルターボエンジン。

インテリアはライバルをリードする インテリアはライバルをリードする

4ドアサルーンのジュリアとステルヴィオは、同じ「ジョルジオ」というアルファ・ロメオが新開発したエンジン縦置き用のプラットフォームを用いる。両車の発売時期はズラされているものの、企画・開発自体は同時並行して進んでいたと聞く。ディテールは似ているが、ジュリアの背を高くしたのがステルヴィオというわけでもなければ、ステルヴィオの背を低くしたのがジュリアというわけでもない。

どちらも曲線を多用した、典型的なイタリアンエキゾチックデザインであり、またいかにもエンジン縦置きならではのプロポーションだ。今でこそプレミアムブランドはどこも遠目に見た場合や自車が先行車のバックミラーに映った際にひと目でブランドを識別してもらえることを意識し、特徴的なフロントグリルデザインを採用することが多いが、アルファ・ロメオはその先駆者だ。第2次世界大戦直後のブランド再出発時から盾の形をしたグリルを採用し、今ではだれでもひと目でそれがアルファ・ロメオだと分かる。

ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4はプレミアムSUVに分類されるが、同時に戦略的な価格設定によって日本市場でアルファ・ロメオの台数を伸ばす使命が課せられたモデルでもある。そのため端的に言って価格のわりに内容が充実している。輸入車ブランドの場合、数百万円のオプション装備が付いた試乗車両も珍しくないが、テスト車はストロンボリ グレーという有償ペイントを除けば、ほぼ617万円の車両本体価格のままだ。

それでも標準装備の赤いレザーシートは質感が高く、ブラック基調のインテリアにあって華やかさを演出している。インパネの上下を隔てる位置にあるヘアライン仕上げのブラックパネルも、イタリアンなインテリアにマッチしている。そのほか各部の加飾パーツも質感が高く、デザインの良さもあって、インテリアは同価格帯の輸入プレミアムSUVのライバルをリードするポイントだと思う。

  • サムネイル写真

    エモーショナルなデザインのインテリア。8.8インチのディスプレイがダッシュボード中央に備わる。Apple CarPlayやAndroid Autoが利用可能。

  • サムネイル写真

    フロントシートはスタンダードレザー仕様。左右とも6ウェイの電動調節機構とシートヒーターが標準で備わる。

  • サムネイル写真

    リアシートのバックレストは、4:2:4の分割可倒式。中央部分に左右席用のカップホルダー付きアームレストが用意されている。

スポーツという言葉が似合うディーゼル スポーツという言葉が似合うディーゼル

ステルヴィオの走りは特徴的で、他のどんなSUVとも異なる挙動を見せる。早い話がとてもスポーティーなのだ。ステアリングギア比12:1と「SUVにしては」ではなくスポーツカーを含めてもここまでクイックなギア比を採用するクルマは珍しい。ステアリングホイールをわずかに回しただけで大きく舵が利くため、適切なアシスト量のパワーステアリングと相まって、ワインディングロードではわずかな操作で狙ったラインを正確にトレースすることができる。

ハイペースで走行しながら右へ左へと連続的にステアリングを切っても重心の高さを感じさせることはなく、実際のロール量も少ない。ではガチガチにかためられた足まわりなのかといえば決してそんなことはなく、外から見ていても、運転していても、しなやかな動きを感じとることができる。ボンネットフードを開けるとキャビン側へ食い込むようにエンジンが搭載されているのが見える。そのかいあってか前後重量配分50:50を実現している。相反するハンドリングと乗り心地について絶妙な落としどころに落ち着いているという印象だ。

アルファ・ロメオは特段スポーティーなスペックを持ち合わせない普通のエンジンであっても回転のフィーリングが素晴らしい。回して気持ちよく、ついつい高回転を維持したくなってしまう。ディーゼルエンジンでもそれは変わらず、4000rpmあたりまでは雑味なく一気呵成(かせい)に吹け上がる。そしてスペック通りにパワフルだ。アクセルペダルを踏むと、わずか1750rpmで最大トルクの470Nmに達し、そこから最高出力の210psに達する3500rpmまで、背中をシートに押し付けられる感覚が続く。スピードメーターを見て慌てて右足の力を緩めるということが何度もあった。

交通の流れに乗るだけなら2000rpmまででこと足りる。そしてディーゼルエンジンとしてはかなりレスポンシブな部類に入る。アルファ・ロメオはこのエンジンを「クリーンディーゼル」ではなく「スポーツディーゼル」と呼ぶが、走らせてみて、確かにそのほうが似合うと感じた。

アルファ・ロメオは伝統的に4WDシステムを「Q4」と呼ぶ。ステルヴィオのQ4は明らかにオンロード寄りの特性だ。通常はリアにトルクが100%配分され、前輪がスリップした際など、必要に応じてフロントにもトルクが配分される。先日、北海道の雪上でガソリン版のステルヴィオを走らせて気がついたのだが、ドライブモードを「ダイナミック」に入れると、フロントへトルク配分するのを遅らせる特性となり、リアが流れやすくなり、まるでハイパワーの後輪駆動車を御しているような楽しみを味わうことができる。SUVにもかかわらずこうした性格をクルマにもたせるのがアルファ・ロメオのアルファ・ロメオたるゆえんだろう。

  • サムネイル写真

    4WDシステムを、アルファ・ロメオでは「Q4」と呼んでいる。路面状況や天候に関係なく理想的な走りを実現するという。

  • サムネイル写真

    ステアリングホイールは本革巻き。アナログ時計で言う8時のポジションに、エンジンのスタート&ストップスイッチが配置される。

  • サムネイル写真

    1リッターあたり100psに迫る高出力ディーゼルエンジンを搭載する「ステルヴィオ」。0-100km/h加速タイムは6.6秒をマークする。

先進の運転支援システムを標準装備 先進の運転支援システムを標準装備

スポーティーな走りを下支えするのが充実した安全装備だ。歩行者検知機能付きの前面衝突警報および自動ブレーキ、車線を逸脱しそうになった場合に警告してくれるレーンデパーチャーワーニング、斜め後方の死角から迫る車両を知らせるブラインドスポットモニターなどが標準装備されるほか、全車速対応のアダプティブクルーズコントロールも備わる。

全長4690mm、全幅1905mm、全高1680m、ホイールベース2820mmというサイズを生かし、余裕ある室内空間が確保されている。ラゲッジスペースは525リッター。ゴルフ、キャンプ、ウインタースポーツといったアクティビティーに必要なかさばる荷物も楽々と飲み込む。

4:2:4の分割可倒式リアシートを活用すれば、乗員と荷物の関係に応じてさらに荷室空間を拡大することもできる。電動パワーゲートも付く。8.8インチモニターは備わるものの、車載カーナビは備わらず、オプション設定もない。ただしApple CarPlayとAndroid Autoに対応しており、スマートフォンのナビアプリを表示させることができる。

ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4は、これまでのアルファ・ロメオと同様に運転の楽しさを存分に味わえるクルマに仕上がっていた。スポーティーなだけでなく、先進的な安全性とユーティリティー、4WDならではのオン・オフ問わず高い走破性、そしてディーゼルならではの経済性をも兼ね備えた万能系アルファ・ロメオだった。

(文=塩見 智/写真=郡 大二郎)

  • サムネイル写真

    積載する荷物に合わせて、アレンジが可能な荷室。後席バックレストは、荷室にあるリリースレバーでも倒せる。脱着式のトノカバーも備わっている。

  • サムネイル写真

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm。「ジュリア」よりも45mmボディーが長い設定である。ホイールベースは両モデル共通で2820mmとなっている。

SPECIFICATIONS

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ
2.2ターボ ディーゼルQ4

  • ボディーサイズ:
    全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm
  • ホイールベース:
    2820mm
  • 車重:
    1820kg
  • 駆動方式:
    4WD
  • エンジン:
    2.2リッター直列4気筒インタークーラー付きターボ
  • 使用燃料:
    軽油
  • トランスミッション:
    8段AT
  • 最高出力:
    210ps(154kW)/3500rpm
  • 最大トルク
    :470Nm/1750rpm
  • タイヤ:
    (前)235/60R18/(後)235/60R18
  • 燃費:
    16.0km/リッター(WLTC モード*)
  • *WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
  • 価格:
    617万円/掲載車両=631万7744円
  • オプション装備:
    メタリックペイント<ストロンボリ グレー>(8万6400円)
  • ※以下、販売店オプション フロアマット(4万3200円)/ETC車載器(1万8144円)