最高出力340ps、「クラウンマジェスタ」のコンプリートカー発売

2006.07.03 自動車ニュース

最高出力340ps、「クラウンマジェスタ」のコンプリートカー発売

トヨタのカスタマイズ系子会社、トヨタモデリスタインターナショナルは、「クラウンマジェスタ」をベースとしたコンプリートカー「クラウンマジェスタ“スーパーチャージャー”」を、2006年7月3日に発売した。

「“余裕”と“気持ち良さ”の体感」をテーマにつくられたこのクルマは、4.3リッターV8にスーパーチャージャーとインタークーラーを装着。最高出力340ps/5700rpm、最大トルク55.0kgm/3900rpmを得た。スーパーチャージャーゆえ2000rpm付近から力強いトルクを発生するため、日常での走行でもストレスを感じさせず、高級車ならではの余裕とハイパワーを両立したと謳われる。

足まわりはローダウンされたほか、エアサスペンションをエンジンの特性にあわせてチューン。専用スタビライザーなどを装着し、乗り心地とロードホールディングを兼ね備えたという。

同時に、モデリスタバージョンのエアロパーツキットとモデリスタセレクションを一新。ユーザーの好みにあった1台に仕上げることも可能とした。

価格は、「Aタイプ」の771万1200円から。

(Clubpymeオオサワ)

トヨタモデリスタインターナショナル:

最高出力340ps、「クラウンマジェスタ」のコンプリートカー発売の画像

関連キーワード:
クラウン マジェスタ, トヨタ, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る