「オペル・ベクトラGTS」06モデル、3.2リッターなくなり2.2リッターのみに

2006.03.10 自動車ニュース

「オペル・ベクトラGTS」06モデル、3.2リッターなくなり2.2リッターのみに

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、オペルの中堅「ベクトラ」のハッチバックモデル「GTS」2006年モデルを、2006年3月9日に発売した。

06モデルは、2.2リッター直4(147ps)搭載の「CD」(305.0万円)とそのスポーティ版「Sport」(345.0万円)の2本立て(いずれも右ハンドルの5段AT仕様)で、211psの3.2リッターV6モデルはカタログ落ち。そもそもスポーティモデルに与えられるGTSの名前なのだが、ベーシックなモデルだけが残された。

フロントマスクをシャープに変え、サスペンションにおいては低速時での快適性向上を図り、ステアリングのチューニングを見直し直進安定性、ステアリングレスポンスを改善するなどした。

(Clubpyme 有吉)

「オペル・ベクトラGTS」06モデル、3.2リッターなくなり2.2リッターのみにの画像

関連キーワード:
ベクトラセダン, オペル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『Clubpyme』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。Clubpyme記者がハコネで乗った。


  • 新型「トヨタ・スープラ」発表会の会場から 2019.5.17 画像・写真 2019年5月17日、トヨタのFRスポーツカー「スープラ」の新型が国内で発売された。発表の場となった東京・青海のMEGA WEBには、歴代のスープラもずらり勢ぞろい。カスタマイズカーやコンセプトカーも並んだ会場の様子をリポートする。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る