【Movie】新型「TVRタスカン2」発表、コンバーチブルもラインナップ

2006.02.15 自動車ニュース

【Movie】新型「TVRタスカン2」発表、コンバーチブルもラインナップ

2006年2月10日、英国のスポーツカーメーカー「TVR」の総輸入元であるオートトレーディングルフトジャパン(株)は、フルモデルチェンジされた「タスカン2」の国内投入を発表。同日より販売を開始した。

「TVRタスカン2」は、ハイパワーエンジンに軽量ボディ、豪奢なインテリアをあわせもつ、いわばラクシャリースポーツカーだ。

搭載される自社開発の4リッター直6DOHC24バルブエンジンは、365psと40.1kgmを発生。5段MTを介し、後輪を駆動する。従来型より90mm幅広になったディメンションは、全長×全幅×全高=4235mm×1810mm×1200mm、ホイールベースは2361mm。グラスファイバー素材のボディは1100kgという軽い車重に貢献する。

エクステリアでは、特徴的だった6つ目のヘッドランプが4つ目に変更された。テールランプユニットも縦型になり、ボディ全体のグラマラスさは、多少おとなしくなったと感じられる。

レザーを多く使ったインテリアには、メタルのパーツがアクセントとして用いられる。
ナセル内のメーターは大型の2眼に変更され、従来型のような凝った演出はなくなってしまった。

ボディバリエーションとしては、従来よりあるタルガトップに加え、ソフトトップを持つコンバーチブルが追加されたのもニュースだ。価格はどちらも1155.0万円となる。

オプションでさまざまなボディペイントが選べることに加え、もっと刺激が欲しいユーザー向けのスポーツパック(210.0万円)も用意される。こちらは圧縮比や、コンピュータマッピングの変更などでエンジン出力が高められ、強化ブレーキ、サスペンション、クロスレシオギアボックスなどが装着された仕様となる。

本国にはよりスポーティな「S」グレードが存在するが、こちらの国内導入も検討中とのことだ。

(Clubpyme 本諏訪)

オートトレーディング ルフト ジャパン:

TVR:

【Movie】新型「TVRタスカン2」発表、コンバーチブルもラインナップの画像

「TVRタスカン2コンバーチブル」

動画でもその佇まいを。


「TVRタスカン2コンバーチブル」動画でもその佇まいを。



【Movie】新型「TVRタスカン2」発表、コンバーチブルもラインナップの画像

【軽量&ハイパワー、TVRで感動を!】
南原竜樹オートトレーディングルフトジャパン代表取締役社長にインタビュー。新商品「TVRタスカン2」の特徴と、2006年の意気込みを語っていただいた。


(撮影/編集=Clubpyme 関)

【軽量&ハイパワー、TVRで感動を!】南原竜樹オートトレーディングルフトジャパン代表取締役社長にインタビュー。新商品「TVRタスカン2」の特徴と、2006年の意気込みを語っていただいた。

(撮影/編集=Clubpyme 関)

関連キーワード:
タスカン, TVR, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • TVRタスカンスピードシックス(5MT)【ロードインプレッション】 2000.10.24 試乗記 TVRタスカン・スピードシックス(5MT)
    ……1027.0万円

    英国のスポーツカー、TVRを試乗するときにまずしなければいけないのは、どうやったら内側からドアを開けられるのかを聞くことだ。
    「どうやったらドアが開くのですか?」
    グリフィンならダッシュパネル下センタートンネル横のドアハンドルを引き、キミーラはトンネルコンソール上の球形ダイヤルを捻り、サーブラウでは内張り奥のボタンを押すと、ドアから外に出ることができる。
    聞いておいてよかった。
    タスカン・スピードシックスの場合は、オーディオ脇の小さなボタンを押すのであった。コトッ……。FRP製のドアが開いた。


  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
ホームへ戻る