新型「マツダ・ロードスター」予約受付スタート!220万円から

2005.06.15 自動車ニュース

新型「マツダ・ロードスター」予約受付スタート!220万円から

マツダは、オープン2シーター「ロードスター」の最新型と、記念プレミアモデルの予約受付を、2005年6月15日から同社のウェブサイトで始めた。

1989年のデビュー以降、世界中にオープン2シーターのライトウェイトスポーツカー・ブームを巻き起こした「ロードスター」。初代、2代目あわせて各国市場で70万台以上が販売された注目の最新モデルが、7年以上を経て3代目に生まれ変わり、日本では8月下旬にリリースされる。

「RX-8」のプラットフォームをベースとしたボディには、2リッター直4を搭載。トランスミッションは5MTか6MT、あるいはアクティブマチック仕様の6ATを組み合わせる。

価格(予定)は、220.0万円から260.0万円まで。公式ウェブサイトに加え、マツダ系とマツダアンフィニ系販売店でも予約できる。

記念モデル「ロードスター3rd Generation Limited」は、既報の「Mazda MX-5 3rd Generation Limited」(「MX-5」はロードスターの海外名)のこと。専用色「ベロシティレッドマイカ」でボディを彩り、クローム調&アルミ調の専用パーツで内外装をお化粧したものだ。
世界限定3500台のうち、わが国には500台が割り当てられる。6MT仕様のみで、275.0万円のプライスタグを付ける。

(Clubpyme 有吉)

マツダ「ロードスター」:

新型「マツダ・ロードスター」予約受付スタート!220万円からの画像



新型「マツダ・ロードスター」予約受付スタート!220万円からの画像

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る