名前はありません、“陰陽”じるし(?)の「VWニュービートル」特別仕様車

2005.04.06 自動車ニュース

名前はありません、“陰陽”じるし(?)の「VWニュービートル」特別仕様車

フォルクスワーゲングループジャパンは、「VWニュービートル」に、ユーザーからの要望が多かったという2色のボディ&インテリアカラーを配した特別仕様車「ホワイトバージョン」と「ブラックバージョン」を設定。2005年4月9日に、それぞれ250台と150台限定で発売する。価格は289万8000円。

今回の特別仕様車は、ユーザーから寄せられたリクエストのなかで、要望の多かった2色のボディ&インテリアカラーを組み合わせたもの。「ホワイトバージョン」は白ボディにベージュのインテリア、「ブラックバージョン」は内外装ともブラックでコーディネートされる。

内装はレザーの豪華仕様。特別装備として、ディスチャージヘッドランプとヘッドランプウォッシャー、17インチアルミホイールなどが備わる。

今回の特別仕様車、実はモデル名称は存在しない。白と黒が上下に混じる“陰陽”マークをコミュニケーションツールとして利用するという、キャラのたったニュービートルならではのちょっと変わった試みだ。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

名前はありません、“陰陽”じるし(?)の「VWニュービートル」特別仕様車の画像

ベースモデルは、2リッター(116ps)の4段AT仕様、右ハンドルとなる。ボディカラーは、ホワイトバージョンが「カンパネーラホワイト」、ブラックバージョンは「ブラックマジックパールエフェクト」。

ベースモデルは、2リッター(116ps)の4段AT仕様、右ハンドルとなる。ボディカラーは、ホワイトバージョンが「カンパネーラホワイト」、ブラックバージョンは「ブラックマジックパールエフェクト」。

関連キーワード:
ビートル, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン、ザ・ビートルの3グレードに特別仕様車を設定 2018.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月23日、「ザ・ビートル」が2019年に日本での販売を終了するのに伴い、“See You The Beetle キャンペーン”の第4弾として特別仕様車「ザ・ビートル マイスター」を発売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
ホームへ戻る