「プジョー307」シリーズにレザー内装の限定車

2004.07.01 自動車ニュース

「プジョー307」シリーズにレザー内装の限定車

プジョージャポンは、「307」ハッチバックの2リッターモデルと、グラスルーフを備える7人乗りワゴン「307SW」に、レザーシートやナカミチ製オーディオを採用した限定モデル「Griffe(グリフ)」を設定。2004年7月16日から台数限定で販売する。

ハッチバック「307グリフ」は、2リッターの「XS」をベースに、ナカミチ製AM/FMラジオ付きCDプレーヤを採用したモデル。インテリアには、同車ハッチバックとしては初めて、レザー内装を奢った。
130台の限定販売で、価格はベース車比19万9500円高の285万6000円。

「307SWグリフ」は、2004年2月に200台限定で販売されたモデルの第2弾で、今回は300台を用意した。
ベース車は3列7人乗りだが、限定車はレザーシートの5人乗りと“ゴージャスな仕様”とした。17インチアルミホイールと205/50ZR17インチタイヤ、ドアステップガード、プロテクションネットも付与する。
価格は、ベース車の7万3500円アップとなる、306万6000円。

(Clubpymeオオサワ)

プジョージャポン:

【関連リンク】
「プジョー307SW」にフルレザーシート仕様の限定車:
http://clubpyme.info/WEBCG/news/000014722.html

 
「プジョー307」シリーズにレザー内装の限定車の画像

関連キーワード:
307, 307SW, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る