トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良

2004.06.02 自動車ニュース

トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良

トヨタ自動車は、主に業務用として使われる「クラウンセダン」「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」の一部を改良し、2004年6月1日に発売した。

LPG(液化天然ガス)エンジン搭載車の排出ガスを、よりクリーン化することで環境性能をアップ。国土交通省「平成17年排出ガス規制」に適合するとともに、燃費の向上を図った。
また、全車にサイドターンランプ、ヘッドランプレベリング機構(マニュアル方式)、UVカットガラスを標準装備し、ハイマウントストップランプにLEDを採用した。

クラウンセダンが235万2000円から308万1750円、クラウンコンフォートは170万1000円から193万2000円(東京地区)、コンフォートは153万3000円から195万3000円(東京地区)、コンフォート教習車が159万9150円と166万2150円となる。

(Clubpyme 有吉)

トヨタ自動車「クラウンセダン」:

同「クラウンコンフォート」:

同「コンフォート」:

 
トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良の画像

関連キーワード:
クラウン セダン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • 【ニューヨークショー2019】スバルが新型「アウトバック」を世界初公開 2019.4.11 自動車ニュース スバルは2019年4月10日、アメリカ・ニューヨークで開催される2019ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、新型「アウトバック」を世界初公開すると発表した。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.4.10 試乗記 「ホンダ・ヴェゼル」にパワフルなターボエンジン搭載モデル「ツーリング」が追加された。自然吸気エンジンを搭載したスポーティーグレードが「RS」と名乗る中、どちらかといえば優雅な風情を持つグレード名を採用したことには、どのような事情があるのだろうか。
ホームへ戻る