オペル「アストラ」「ベクトラGTS」2004年モデルの価格発表

2004.01.09 自動車ニュース

オペル「アストラ」「ベクトラGTS」2004年モデルの価格発表

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」と「ベクトラGTS」の2004年モデルの価格を発表。1月10日に販売を開始する。アストラは4ドアノッチバックのセダン「CDサルーン」がラインナップから姿を消し、5ドアハッチバックも「1.8CD」のみとなった。

「アストラ」はグレード体系が大幅に見直された。4ドアセダン「CDサルーン」はなくなり、従来は3グレードあった5ドアハッチバックモデルも1.8リッター「1.8CD」のみとなった。2003年のフランクフルトショーで、新型「アストラ」が発表され、日本でも2004年中に販売が開始される見込み。現行アストラを新車で手に入れられるのも、あとわずかだ。

価格は、一部装備を見直すことでそれぞれ4.0万円下がった。ハッチバック「HB1.8CD」250.0万円、「ワゴンLS」230.0万円、「ワゴンCD」265.0万円、「ワゴン・スポーツ」293.0万円。すべて、右ハンドルの4段AT仕様となる。

「ベクトラGTS」は、送風口周辺にチャコールメタリック塗装を施し、シフトレバー周辺をクロームメッキ処理するなど、モダンな印象を増すためにインテリアに若干の手を加えた。装備も一部見直した。価格はいずれも5.0万円安く、2.2リッターモデルが343.0万円、3.2リッターモデルは410.0万円。こちらは、右ハンドルの5段AT仕様のみ。

(Clubpyme カワデ)

オペル:

 
オペル「アストラ」「ベクトラGTS」2004年モデルの価格発表の画像

【写真上】アストラ・ワゴンスポーツ
【写真下】ベクトラGTS
 

	【写真上】アストラ・ワゴンスポーツ
	【写真下】ベクトラGTS
	 

関連キーワード:
アストラセダン, オペル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・シグナム2.2(5AT)/シグナム3.2(5AT)【試乗記】 2003.12.10 試乗記 オペル・シグナム2.2(5AT)/シグナム3.2(5AT)
    ……355.0/422.0万円

    「ベクトラ」のホイールベースを130mm延ばし、ゆとりある後席がジマンの「オペル/シグナム」。自動車ジャーナリストの生方聡が、千葉県で開かれたプレス向け試乗会で乗った。オペルの新しいフラッグシップはどうなのか?


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『Clubpyme』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • オペル・アストラワゴン・スポーツ(4AT)【試乗記】 2002.7.27 試乗記 オペル・アストラワゴン スポーツ(4AT)
    ……284.0万円

    オペルのミドルクラス「アストラワゴン」に、2.2リッター直4と専用サスペンションを搭載した「スポーツ」が追加された。乗ってみて「いい意味で驚いた」という、Clubpyme大川悠エグゼクティブディレクターのインプレッション。


  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。Clubpyme記者がハコネで乗った。


  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る