トヨタ「クラウンエステート」を一部改良

2003.12.03 自動車ニュース

トヨタ「クラウンエステート」を一部改良

トヨタ自動車は、高級FRステーションワゴン「クラウンエステート」の装備と内外装の一部を改良し、2003年12月2日に発売した。

エクステリアでは、「フロントヘッドランプエクステンション」「フロントグリル」をチタン調塗装しスポーティ感を演出。装備面では、「トップシェード付きフロントウインドシールドガラス」と「クルーズコントロール」を全グレードに標準設定した。
さらにDVDボイスナビゲーションシステムを、トヨタの情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応した最新モデルにアップグレードした。

価格は「アスリート」の355.0万円から「アスリートG」の420.0万円まで。従来モデルより最高で28.0万円の値上げとなる。

同時に福祉車両のウェルキャブについても、ベース車同様の改良が行われた。

(Clubpyme 本諏訪)

トヨタ自動車「クラウンエステート」:

 
トヨタ「クラウンエステート」を一部改良の画像

関連キーワード:
クラウン エステート, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る