マツダ「ロードスタークーペ」発売!

2003.10.10 自動車ニュース

マツダ「ロードスタークーペ」発売!

マツダは、2シーターオープン「ロードスター」をベースとした、クローズドボディの「ロードスタークーペ」を発表。2003年10月9日から、受注生産モデルとして販売を開始した。

1989年に初代「ユーノスロードスター」が誕生、2座オープンライトウェイトスポーツ市場を開拓し、世界でもっとも売れた2座オープンとしてギネスブックにも載る。1998年1月にフルモデルチェンジした2代目「マツダロードスター」に、クローズドボディの「ロードスタークーペ」が加わった。2003年10月現在、国産唯一の5ナンバークーペである。

ロードスターのクローズドボディ化は、マツダの100%子会社であるマツダE&Tの少量生産モデル開発技術を活用した。車体構造から見直しを行い、重量増を抑えつつ、ボディ剛性を向上。ロードスターのデタッチャブルトップは単体で22kgあるが、クーペの車重は約10kg増にとどめられた。
エンジン、トランスミッションはロードスターと共通。グレードは、1.6/1.8リッターエンジンと、5MT/4AT/6MTトランスミッションの組み合わせにより、4種類が設定される。

グレードについて具体的に説明する。
ベーシックな「クーペ」(1.6/5MT)と「Type S」(1.8/6MT)は、ロードスターと同じベーシックなフロントデザインを採用。「Type A」(1.8/6MT)は、伝統的なレースカー風のオーセンティックデザイン。1.8リッターに4段ATを組み合わせた「Type E」は、エレガントで落ち着きあるデザインを意識したという。ボディカラーは、「クーペ」「Type S」がピュアホワイト、サンライトシルバーメタリック、クラシックレッドの3色。「Type A」「Type E」はライトニングイエロー、ベロシティレッドの2色が用意される。

ロードスタークーペはすべて受注生産。さらに、「Type A」は200台、「Type E」は150台の限定発売となる。価格は、以下の通り。

●ロードスタークーペ
クーペ(1.6リッター/5MT):235.0万円
クーペ Type S(1.8リッター/6MT):275.0万円
クーペ Type A(1.8リッター/6MT):310.0万円
クーペ Type E(1.8リッター/4AT):280.0万円

(Clubpyme 本諏訪)

マツダ:

 
マツダ「ロードスタークーペ」発売!の画像

【写真上】「ロードスタークーペ Type A」
【写真下】「ロードスタークーペ Type E」
 

	【写真上】「ロードスタークーペ Type A」
	【写真下】「ロードスタークーペ Type E」
	 

「Type E」の内装
 

	「Type E」の内装
	 

左から「Type A」「Type E」「Type S」
(写真=清水健太)
 

	左から「Type A」「Type E」「Type S」
	(写真=清水健太)
	 

関連キーワード:
ロードスタークーペ, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第96回:カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!? 2018.6.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第96回は「カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!?」。モテないカーマニア2名によって、突如ぶち上げられたロータリー待望論。自動車業界の現実を無視した言動に、筆者は真っ向から反論する!
  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.19 試乗記 レーシングドライバー谷口信輝が、100台限定販売の「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)カップ」に試乗。かつてカタログモデルを「メチャクチャいいですよ」と激賞した谷口は、6段MTとよりハードなサスを備えた辛口仕様をどうジャッジする!?
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.3.16 試乗記 りりしいフロントマスクや新開発のエンジンなどを携えてデビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」だが、その目玉はやっぱり“普通の言葉”での対話が可能なインターフェイス「MBUX」。あれこれ話しかけ、できることとできないことを洗い出してみた。
ホームへ戻る