超高級「マイバッハ」、3900.0万円から

2002.09.18 自動車ニュース

超高級「マイバッハ」、3900.0万円から

ダイムラークライスラー日本は、超高級リムジン「マイバッハ」の日本でのオーダー受付を、2002年9月17日から開始した。価格は3900.0万円から4643.0万円まで。納車は2003年中頃を予定しているという。

1920-30年代にドイツに実在した高級車メーカーの名をとった「マイバッハ」は、1997年の東京モーターショーでプロトタイプが世界初公開された。
縁あるわが国では、メルセデスベンツの乗用車正規販売店を通じ販売される。ラインナップは、ボディ全長により「57」(全長5.73m、ホイールベース3.39m)と「62」(同6.17m、3.83m)の2種類があり、それぞれに左右ハンドルが設定される。

パワーユニットは、60度のバンク角をもつ5.5リッターV12ターボ・インタークーラー付き「タイプ12」エンジン。550psの最高出力と、91.8kgmの最大トルクで、約2.8トンものボディを引っ張る。
サスペンションは、前ダブルウィッシュボーン式、後マルチリンク式。新型メルセデス「Eクラス」にも採用された「AIRマティックDC(デュアル・コントロール)エアサスペンション」を搭載。さらに電子制御のブレーキシステム「ツインセンソトロニック・ブレーキ・コントロール」など、高度な電子技術が投入される。

装備面では、テレビやDVDが見られる9.5インチツインモニター、600Wの「BOSEサウンドシステム(21スピーカー)」、「62」の後席には「フルサポートリクライニングシート」を標準装備。「液晶調光パノラミックフルガラスルーフ」や、前席と後席を遮へいする「液晶調光・電動ガラスパーティション」など、数多くのオプションを用意。至れり尽せりの内容だ。

安全面では、10個のエアバッグシステム(2段階式SRSフロントエアバッグ2個、SRSサイドエアバッグ4個、前後席左右の大型ウィンドウエアバッグ4個)、シート一体型のベルトフォースリミッター付きシートベルトなどを採用する。

ボディ色は17色。内装は、専用6色の「グランドナッパレザー」と3種の高級ウッドから選ぶことができ、熟練工により手作業で造られる。

57(左ハンドル) 3900.0万円
57(右ハンドル) 4023.0万円
62(左ハンドル) 4520.0万円
62(右ハンドル) 4643.0万円

アフターサービスについては、「マイバッハ・ケア」により、初度登録後4年間の無料メンテナンスが提供される。詳しい問い合わせは、「マイバッハ営業部」(電話03-3560-5903)まで。

(Clubpyme 有吉)

 
超高級「マイバッハ」、3900.0万円からの画像

関連キーワード:
57, 62, マイバッハ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2トーンカラーの「メルセデス・マイバッハSクラス」発売 2018.8.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年8月27日、一部仕様を変更した「メルセデス・マイバッハSクラス」を発売した。最新型には、2002年に発表された「マイバッハ」を思わせるデザインやボディーカラーが採用されている。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • 「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデル 2018.10.18 自動車ニュース 「ロータス・エリーゼ」に20台の限定モデル「エリーゼ カップ250 GPエディション」が登場。日本未導入の高性能モデル「カップ250」をベースに、往年のF1マシンを思わせるブラックとゴールドのカラーリングを施している。
  • 超高級「マイバッハ」、日本でも買えます 2002.5.10 自動車ニュース ダイムラークライスラー日本は、2002年秋にヨーロッパでの発売が予定されている超高級リムジン「マイバッハ」の、日本国内における販売、サービス体制を、2002年5月7日に発表した。導入時期、価格などは明らかにされていない。
  • 【東京モーターショー2003プレビュー】マイバッハ 2003.10.18 自動車ニュース メルセデスベンツの上位に復活してきた超高級ブランドがマイバッハ。1997年にプロトタイプ版として世界初公開された地が、ここ東京モーターショーだった。
ホームへ戻る