マクラーレンが最強の「P1」を公開【パリサロン2012】

2012.09.19 自動車ニュース

【パリサロン2012】マクラーレンが最強のスーパースポーツカー「P1」を公開

英マクラーレン・オートモーティブは2012年9月18日、スーパースポーツカー「P1」の写真を公開した。同モデルのデザインスタディーがパリモーターショー(2012年9月27日〜10月14日)で一般公開される予定。

「P1」はマクラーレンのロードカーラインナップの頂点に位置するスーパースポーツカー。「フォーミュラ1レースを通じて培われた技術と精神性を備えた究極のスポーツカー」と説明され、「一般公道とサーキットの両方で、世界中で最も優れたドライバーズマシンであること」を目指している。

価格と性能の両面で、すでに発表されているスポーツカー「12C」および「12Cスパイダー」の上位に位置するという。

パリショーでデザインスタディーを公開したのち、2013年に量産を開始し、その後1年以内に発売したいとしている。

同社のロン・デニス会長は、「P1は、わが社の50年におよぶレース活動およびロードカー事業の成果となるだろう。20年前に『マクラーレンF1』でスーパースポーツカーの動力性能の基準を引き上げたが、P1で再びそれを定義したい」と語っている。

(webCG 竹下)

「マクラーレンP1」
「マクラーレンP1」 拡大

マクラーレンが最強の「P1」を公開【パリサロン2012】の画像 拡大

マクラーレンが最強の「P1」を公開【パリサロン2012】の画像 拡大

関連キーワード:
P1, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「マクラーレンP1 GTR」を写真で紹介 2014.10.31 画像・写真 「マクラーレンP1 GTR」が日本で初公開された。その姿を写真で紹介する。
  • 第533回:最高速403km/hのロードカー
    「マクラーレン・スピードテール」がデビュー
    2018.10.27 エディターから一言 マクラーレンが初めて「Hyper-GT」とカテゴライズする究極のロードカーを発表した。その名は「マクラーレン・スピードテール」。長いテールを持つボディーデザインがその名の由来だが、「F1」以来初となる3座シートの採用や最高速度400km/h超えのパフォーマンスにも注目だ。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
  • マクラーレンがサーキット専用P1 GTRを公開 2014.11.1 自動車ニュース 価格は約3億5000万円。30~35台の限定生産を予定している。
ホームへ戻る