コンパクトかつパワフルな新型GT-R登場

1999.01.11 自動車ニュース

コンパクトかつパワフルな新型GT-R登場 (1/11)

日産自動車は「スカイラインGT-R」をフルモデルチェンジし1月8日に発売した。最大トルクを40kgmにまで高め、6段MTや18インチタイヤを採用している。

は、千葉・幕張メッセで開催された会場でお披露目となった。その開発コンセプトは「究極のドライビングプレジャー」。基本的には「R34型スカイラインクーペ」のボディを使い、エンジンやサスペンションなどのメカニズムは旧「R33型」のものを熟成させた設計になっている。

外観においては、「R34型」がベースとなっているため、旧型GT-Rとくらべて全長が75ミリ、ホイールベースが55ミリ短くなっている。ボディシェルは後半部やアンダーフロアなどを中心に補強され、「世界トップレベルの剛性を実現した」(日産)という。

エンジンは2.6リッター直6DOHCツインターボの「RB26DETT」型をリファインして搭載している。カムシャフトの変更や加給圧の向上などによって、最高出力は280psと数値こそ変わらないが、40kgm/4400rpmという最大トルクを得ている。さらに新開発のボールベアリングセラミックターボを採用したことで、レスポンスが向上しているという。

トランスミッションは独ゲトラグ社との共同開発による6段MTが採用された。従来の5段MTにおける1から4速を1から5速に分配したクロスレシオタイプだ。LSDにはヘリカルタイプを採用して、旋回時のトラクション向上とアクセルレスポンスの向上を図っている。なお「Vスペック」には従来同様にアクティブLSDを採用している。

ブレーキは「R33型」と同様に伊ブレンボ社製ディスクブレーキを4輪に採用している。フロントブレーキを冷却するためのエアダクトを設けたり、ドイツのユーリッド社製高ミューパッドを採用するなどして制動力を向上させた。タイヤは245/40ZR18のポテンザRE040。18インチの鍛造アルミホイールは1台あたり4キロの軽量化がなされた。

空力パーツについてみると、特徴的なリアウイングは角度調整機能付きの2段式となった。さらに「Vスペック」においては、車体下面の空気の流れを整えてダウンフォースを生み出すという「ディフューザー」がボディ下部の前後に装着されている。4輪マルチリンクサスペンションや電動スーパーHICAS、トルクスプリット4WDシステムのATTESA E-TSなど、「GT-R」伝統のメカニズムについても改良がなされている。

ボディカラーは、見る角度や光の加減で玉虫色に変化するという「ミッドナイトパープル2」(限定300台)ほか7色。価格はスタンダード仕様の499.8万円から、「スーパー耐久レース」参戦用のベース車である「VスペックN1」の599.8万円まで。販売目標台数は月500台となっている。

開発のまとめ役、渡邉衡三さんは発表のさいに「食は3代と申します。つまり味わいというものは一世代の才能や努力だけで生まれるものではなく、せめて3代くらいは続かないと本物の深みというものは出てこない。そういう意味で今度のGT-Rはよく出来たと思っています」というような意味のことを言っていた。その「乗り味」に期待したいものです。(Web CG スヤマ)

 
コンパクトかつパワフルな新型GT-R登場の画像

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • コンパクトSUV「ジープ・コンパス」の装備が充実 2019.1.21 自動車ニュース FCAジャパンがコンパクトSUV「ジープ・コンパス」を一部改良。最上級グレード「リミテッド」にアイドリングストップ機構を採用したほか、中間グレード「ロンジチュード」に衝突軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを設定するなど、装備の強化を図っている。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
ホームへ戻る