トヨタ、クラウンに400万台記念特別仕様車

1999.04.20 自動車ニュース

トヨタ、クラウンに400万台記念特別仕様車(4/20)

トヨタ自動車は「クラウン」に特別仕様車「ロイヤルサルーン“アニバーサリーパッケージ”」などを設定、4月12日より発売した。

今回限定発売されるのは、および「トヨタクラウンロイヤルエクストラリミテッド“アニバーサリーパッケージ”」の2モデルだ。前者は2.5および3.0ロイヤルサルーンと3.0ロイヤルサルーンFourをベースに、後者は2.0および2.5ロイヤルエクストラと2.5ロイヤルエクストラFourをベースにしている。いずれも1955年1月の発売開始いらい国内累計販売台数が「近々400万台に達する」(トヨタ)ことを踏まえての記念モデルである。

「クラウンロイヤルサルーン“アニバーサリーパッケージ”」のおもな特別装備としては以下のものがあげられる。切削光沢アルミホイール、専用ロゴ入り木目調インストルメントパネル、専用ロゴ入り本革キーケース、オートレベリング機能付クセノンヘッドランプ、クルーズコントロール、本木目ステアリングホイール(3.0リッター2WDモデルのみ)、本革巻ステアリングホイール、本革巻シフトレバー。

「クラウンロイヤルエクストラリミテッド“アニバーサリーパッケージ”」の特別装備は以下のとおりとなる。切削光沢アルミホイール、専用ロゴ入り木目調インストルメントパネル、専用ロゴ入り本革キーケース、ジャガードモケット表皮、木目調コンソールパネル&パワーウィンドウスイッチベース、オプティトロンメーター、リモコン式集中ドアロック、コンライト、前後上下調節式後席ヘッドレスト。

価格は「クラウンロイヤルサルーン“アニバーサリーパッケージ”」の場合、「2.5」の339.0万円から「3.0 4WD」の394.0万円だ。「クラウンロイヤルエクストラリミテッド“アニバーサリーパッケージ”」は「2.0」の292.0万円から「2.5 4WD」の347.0万円までとなっている。

「クラウン」の累計販売台数が400万台に達するのは今年「7月達成見込み」(トヨタ)だそうです。もし達成できなかったらどうすんだ?って思うけれど、トヨタのことだから「達成させてしまう」のでしょう。(Web CG オガワ)

 
トヨタ、クラウンに400万台記念特別仕様車の画像

関連キーワード:
クラウン ロイヤル, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • 最新型の「レクサスRC F」がデトロイトでデビュー 2018.12.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年12月7日、レクサスブランドの高性能クーペ「RC F」の最新型を2019年の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、開催期間:2019年1月14日~27日)に出展すると発表した。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
ホームへ戻る