アウディ、新型「A8」を発売

1999.09.02 自動車ニュース

アウディ、新型「A8」を発売(9/2)

アウディジャパンは、マイナーチェンジを受けたアウディの旗艦「A8」の国内発売を8月31日より開始した。

昨年11月に本国ドイツで発表された新型「A8」は、94年にオールアルミ・ボディの量産車として登場したアウディを代表する高級サルーンが初めて大幅な変更を受けたもので、今回導入されるのはクワトロモデル(4WD)のみとなる。

外観はクリアガラスのヘッドライト、シャープな造形となったフロントグリルなどによって、従来型より精悍な印象を与えるものとなった。内装はデッシュボードおよびトリムの2トーン化、センターコンソール内のスイッチ形状変更、ダイオード管による間接照明の充実など高級サルーンにふさわしいインテリア空間を実現している。

クワトロ用の4.2リッターV8エンジンは、気筒あたり5バルブになり、3ステージ可変インテークマニホールド、可変カムシャフトやドライブ・バイ・ワイヤ式スロットルなどが与えられ、最高出力310ps/6200rpm、最大トルク41.8kgm/3000rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、5速ティプトロニック。

ランニング・ギアは基本的に変わらない。前が4リンク、リアはトラペゾイダルと呼ばれるマルチリンクとなる。ただし、ホイール・キャリア、フロント/リア・サスペンション・リンク、ブレーキ・キャリパー、ショックアブソーバー・マウント、ホイールはすべてアルミ製となり、バネ下重量の軽減が図られている。また、リア・サスペンションには、トラックロッドとカップリングロッドが追加され、コーナリング特性が向上された。

安全面では、側面衝突時に乗員の頭部を保護するサイドガードが追加装備された。サイドガードは、左右のルーフ・ライニングに装着されたエアバッグで、展開するとサイドウィンドウのほぼ全域がカバーされ、ドライバー、コ・ドライバーはもとより、リアシート外側に座る乗員の頭部を保護するというもの。このサイドガードは、約5秒間展開状態を維持し、万一の横転にも対応しているという。価格は1022万円。

ヨーロッパにおいては、プレミアム・ブランド「アウディ」のフラッグシップとして非常に評価の高い「A8」。ドイツのシュレーダー首相も乗っているそうです。日本でも、プレミアム・ブランドとしてのイメージづくりが、こういうクルマには必要なんだと思います。でも、小渕さんじゃなあ。(Web CGあらい)

 
アウディ、新型「A8」を発売の画像

関連キーワード:
A8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • アウディA8L 55 TFSIクワトロ/A8L 60 TFSIクワトロ【海外試乗記】 2017.11.7 試乗記 第4世代に進化したアウディのフラッグシップセダン「A8」。その内容は、量産車としては初となるレベル3の自動運転システムを導入するなど、まさにブランドスローガンの“技術による先進”を体現するものとなっている。スペイン・バレンシアで試乗した。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • 第17回:アウディA8(前編) 2018.12.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 驚くほどに精緻な造り込みにより、常に時代に先んじてきた大型セダン「アウディA8」。アウディは4代目となる新型でどのような世界観を切り開こうとしているのか? あるいは、そのデザインは行き詰まってしまっているのか? 現役のカーデザイナーが心象を語る。
ホームへ戻る