EV版「トミーカイラZZ」の量産開始

2012.07.19 自動車ニュース

EV版「トミーカイラZZ」の量産開始

電気自動車(EV)の開発販売を行うグリーンロードモータースは2012年7月19日、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の量産開始を決定したと発表した。

グリーンロードモータースは京都大学発のベンチャー企業で、環境対応自動車の開発・販売を手がける。2010年12月に「トミーカイラZZ-EV」の試作車を発表、予約注文を受け付けていた。
同社は自社で生産設備を持たないいわゆる「ファブレス企業」。これまで量産化に向けて出資を募っていたが、元ソニー会長の出井伸之氏、元グリコ栄養食品会長の江崎正道氏らの資本参加により、資本金は1億5000万円に増資された。

「トミーカイラZZ」はトミーカイラが1995年に発表し、1997年に販売を開始したハンドメイドのスポーツカー。アルミ製モノコックにFRPボディーをかぶせ、2リッターエンジンを搭載、英国で生産された。
今回量産が開始されるEVバージョンの「トミーカイラZZ」は、当時のトミーカイラのエンジニアにより新たにデザインし直され、京都府舞鶴市で生産される。

(文=工藤考浩)

2010年12月に公開された「トミーカイラZZ-EV」の試作車
2010年12月に公開された「トミーカイラZZ-EV」の試作車 拡大

関連キーワード:
トミーカイラZZ, GLM, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • ホンダS660ネオクラシック(MR/CVT)【試乗記】 2019.3.26 試乗記 「ホンダS660」ベースの着せ替えモデル「S660ネオクラシック」に試乗! コンセプトカーの登場から2年7カ月。ついに市販化されたドレスアップキットで、見た目や走りはどう変わったのか? 元“エスロク”オーナーが、乗って触って確かめた。
ホームへ戻る