「日産リーフ」にリムジンが登場!?【Movie】

2012.07.18 自動車ニュース

【Movie】「日産リーフ」のリムジンが登場!?

日産の電気自動車「リーフ」にリムジン仕様が登場? これはアメリカのホテルが客の送迎用として専門業者に特注したもの。試乗した人の話によれば、エンジン音がしない電気自動車は、リムジンのベースにぴったりだそうだ。

■「これはまさにリムジンよ」

このリムジン仕様の「日産リーフ」を所有しているのは、テネシー州ナッシュビルにあるエンバシー・スイーツ・ホテル。通常、同ホテルの車は送迎用途で8km以下しか走らない。また、ホテル側の“グリーン化”を進める経営方針もあり、前例のない電気自動車リムジンの導入を決めたという。

車両の改造はミズーリ州の専門業者が行った。乗車定員は運転手を含めて8人。ボディーのストレッチによって標準型より約180kg重くなったが、走行用バッテリーは標準型リーフと同様に1セットだけ搭載するなど、本質的な構造部分は変えていない。

この「リーフ・リムジン」に初乗車したお客さんは、電気自動車そのものが初体験という女性。「とてもスムーズだわ。エンジン音が聞こえないけど、だからといってゴルフカートに乗っているようでもない。これはまさにリムジンよ」とのこと。

(Clubpyme 竹下)


電気自動車「日産リーフ」のリムジンが米テネシー州に登場

ホテルの送迎用として登場した「日産リーフ」のリムジン仕様。
ホテルの送迎用として登場した「日産リーフ」のリムジン仕様。 拡大
最初に乗車したクリスタル・セラーノさんによれば、「まさにリムジン」な乗り心地とか。
最初に乗車したクリスタル・セラーノさんによれば、「まさにリムジン」な乗り心地とか。 拡大
「リーフ」の基本構造は変えておらず、バッテリーは標準車と同じように1セットしか搭載していない。
「リーフ」の基本構造は変えておらず、バッテリーは標準車と同じように1セットしか搭載していない。 拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフ G(FF)【動画試乗記】 2011.8.16 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……409万3950円

    2010年12月の発売以来、約8カ月でおよそ6000台が販売された「日産リーフ」。電気の作り方・使い方に注目が集まるいま、電気自動車のもつポテンシャルを探ってみた。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る