トヨタ、「クラウンエステート」発売

1999.12.22 自動車ニュース

トヨタ、「クラウンエステート」発売(12/22)

トヨタ自動車は、現行クラウンのステーションワゴン「クラウン・エステート」を発売した。

新型は旧型からのキャリーオーバーを行わず、現行型をベースにワゴンを成立、ロイヤル/アスリートの車種体系も現行セダンから受け継いでいる。

ロイヤル/アスリート系のボディを基本とすることで、ボディサイズは先代より25mm短く、40mm低くなるいっぽう、40mm広くなった。2730mmから50mm延びて2780mmとなったホイールベースは、もちろん現行セダンと同じ。

パワーユニットも一新され、3リッター直6、2.5リッター直6、そしてアスリート用の2.5リッター直6ターボの3本立てとなる。

セダン同様、予防安全では車両安定性制御システムVSCを設定するとともに、EBD/ABS/ブレーキアシストを全グレードに標準装備、衝突安全では、進化させたGOAボディとし、SRSカーテンシールドエアバッグを採用するなど、最新の安全技術を結集している。

また、ステーションワゴンとしては世界で初めてリヤシートに電動リクライニング機構を採用したほか、ラゲージルームパーティションネットやラゲージルームエアピュリファイヤーを設定するなど、快適性、機能性に優れた室内空間を創出している。

価格は348〜391万円。

これだけイロイロな最新装備がついているのに400万円以下。安い!! というのが正直な感想です。で、写真で見る限りですが、なかなかカッコイイじゃありませんか。いつかは、というよりは、クラウンはすぐそこにいます。メルセデス・ベンツE320は760万円なんですから。(Web CGあらい)

 
トヨタ、「クラウンエステート」発売の画像

関連キーワード:
クラウン エステート, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る