三菱、「ランサーセディア」に4WDを追加

2000.07.28 自動車ニュース

三菱、「ランサーセディア」に4WDを追加(7/28)

三菱自動車は、「ランサーセディア」に4WD車を設定、8月4日より発売を開始する。

「寒冷地や冬期のレジャーシーンでのニーズに応えて」(三菱)の追加設定。生活ヨンクたるVCU(ビスカスカップリング)式フルタイム4WDを搭載。4WD化にともない、タイヤサイズを175/70R14から185/65R14に(1.5リッターモデル)、リアブレーキを8インチから9インチ(全4WD車)に変更。全高/最低地上高も5mm拡大し、1435/155mmとなった。

価格は、1.5リッターの「MX-E」が159.8万円、同「MX-S」が173.8万円、1.8リッターの「SE-G」が195.8万円で、FFモデルとくらべ20万円高となる。リコール隠し騒動に負けない、ヨンクの力強い走りを期待したい。(有吉)

三菱自動車「ランサーセディア」サイト:

 
三菱、「ランサーセディア」に4WDを追加の画像

関連キーワード:
ランサーセディア, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ランサーセディア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「プラウディア」「ディグニティ」発売 2000.1.5 自動車ニュース 三菱自動車は、フラッグシップモデル「プラウディア」と、そのストレッチ・リムジン「ディグニティ」を2000年2月1日から発売する。「プラウディア」(写真)はデボネアに代わるフラッグシップで、ボディパネル以外のパワートレイン/フロアパン/サスペンションは、現行デボネア用を使用している。従来3.5リッターV6エンジンのみの設定だったデボネアに対し、4.5リッターV8が加えられた。全長×全幅×全高=5050×1870×1475mm。ホイールベースは2830mm。デボネアよりひと回り大きくなったボディ・サイズはトヨタ・セルシオをも上回るもの。ディグニティにいたっては、5335×1870×1485mm、ホイールベースも3080mmとなる。GDI直噴ガソリンの4.5リッターV8は、最高出力280ps/5000rpmと最大トルク42.0kgm/4000rpm、同3.5リッターV6は240ps/5500rpm、35.0kgm/2500rpmを発生する。どちらも2000年排ガス規制に適合し、V8のプラウディアC仕様を除いて、2010年新燃費基準をクリアする。駆動方式はFWD、トランスミッションはスポーツモード付き5AT「INVECS-II」のみとなる。安全装備も充実。前後席サイドエアバッグを始め、レーザー方式のレーダーシステムによる車間距離制御機構「プレビューディスタンスコントロール」やCCDカメラを利用した走行レーン逸脱警報システム/後側方モニターなどの、電子制御を駆使した「ドライバーサポートシステム」などが特筆すべき点。価格はプラウディアが460〜640万円、ディグニティが990万円となる。韓国、現代自動車の「エキュース」の兄弟車となるのが「プラウディア」。セルシオより排気量の大きい4.5リッターV8エンジンが注目に値すると思います。見た目もデボネアよりは、良くなったのではないでしょうか。リムジンである「ディグニティ」のカタログには、後席に乗った偉い人が助手席を前に倒し、足を投げ出せるようにできる写真が載っています。これは、運転手に対してさすがに失礼な態度ではないか。しかし、そんなことを思っているからオレは偉くならないのか、という気もします。(Web CGあらい)
  • 三菱が高級セダン「プラウディア」を発売 2012.7.4 自動車ニュース 三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。
  • スズキのコンパクトSUV「SX4 Sクロス」の安全装備が充実 2019.4.10 自動車ニュース スズキは2019年4月10日、コンパクトSUV「SX4 Sクロス」の仕様を一部変更し、同日に販売を開始した。衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの安全装備が標準装着されている。
  • 「メルセデス・ベンツEクラス」に高効率な1.5リッターモデル登場 2019.3.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年3月22日、「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに、新たに「E200アバンギャルド/E200 4MATICアバンギャルド」(BSG搭載モデル)と「E300アバンギャルド スポーツ」を設定すると発表した。
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
ホームへ戻る