第152回:やっぱり「カブ」も最新が最善? 新型「スーパーカブ50」で東京の坂道を巡る

2012.06.22 エディターから一言

第152回:やっぱり「カブ」も最新は最善?新型「スーパーカブ50」で東京の坂道を巡る

いきなり暗い話題で恐縮だが、私は先月「ホンダ・スーパーカブ50」を盗まれてしまった。
あちこち走り回ったお気に入りの愛車で、ついこの前も20日間ほどかけて九州をツーリングし、帰ってきたばかりだったので大変なショックである。
さて次期マシンはどうしようかと思っていたところ、新型のスーパーカブが発売されたので早速試乗させてもらった。

四角目になってもカブはカブ

去る5月25日に46年ぶりのモデルチェンジを果たした「ホンダ・スーパーカブ50」。

私は以前、旧型の「ミニ」を所有していたのだが、古い設計の乗り物は乗っていると我慢しなければならないことがたくさんある。
しかし、スーパーカブは旧モデルでも実用にそれほど支障はなかった。
洗濯機だって炊飯器だって掃除機だって、50年も昔に設計されたものなど店頭には並んでいないのだから、スーパーカブがいかに優れていたかが分かる。

そんな、世界で一番売れた乗り物の新型モデルはどんな具合に進化しているのだろうか。

まず一番目につく変化が、その外観だ。
スーパーカブのアイデンティティーともいえる丸目ヘッドライトが、角目になった。

これは個人的な感想になってしまうが、私が所有していたカブは「カスタム」というグレードのエグゼクティブ向け最高級モデルで(通常の3段・キックスタートに対し4段・セル付き!)、それを誇らしげに主張する角形ヘッドライトが自慢でお気に入りだった。
なので、角目のカブに対して違和感はない。

リア周りのライト類もずいぶん近代的になったが、オフィスビルの駐輪場に紛れ込ませると、ビジネスバイクとして驚くほどぴったりと風景に溶け込んでしまった。
この分だときっと、そば屋の出前機を取り付けてもしっくりとくるだろう。

丸目ではなくなった「ホンダ・スーパーカブ50」。
丸目ではなくなった「ホンダ・スーパーカブ50」。 拡大
オフィスビルの駐輪場に違和感なく溶け込む。
オフィスビルの駐輪場に違和感なく溶け込む。 拡大
本モデルから中国製となった「スーパーカブ50」。タイヤのメーカーロゴの上に黄色い軽点マーク(タイヤの周上で最も軽い部分を示す)が乗ってしまっているおおらかさがすてきだ。
本モデルから中国製となった「スーパーカブ50」。タイヤのメーカーロゴの上に黄色い軽点マーク(タイヤの周上で最も軽い部分を示す)が乗ってしまっているおおらかさがすてきだ。 拡大
「スーパーカブ50」で日本橋から東京散歩へいざ出発。
「スーパーカブ50」で日本橋から東京散歩へいざ出発。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダ・スーパーカブC125(MR/4MT)【レビュー】 2018.12.10 試乗記 これまで1億台が生産された“小さな巨人”「ホンダ・スーパーカブ」。その誕生60周年の節目にデビューした「スーパーカブC125」とはどんなオートバイなのか? ホンダのこだわりがつまった小排気量車の魅力に触れた。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • 「ホンダ・スーパーカブ」にブルーとベージュの特別仕様車が登場 2019.2.26 自動車ニュース 「ホンダ・スーパーカブ50/110」に特別仕様車「ストリート」が登場。車体色に淡い色合いの「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」を採用したり、車体の各部にブラックの配色を取り入れたりと、カタログモデルにはないカラーリングが特徴となっている。
  • 祝・デビュー60周年!
    ホンダの名機「スーパーカブ」に思うこと
    2018.8.24 デイリーコラム 2017年に世界累計生産台数が1億台を超えた、ホンダのバイク「スーパーカブ」。長年にわたって名機を名機たらしめてきたポイントは何か。誕生から60周年を迎えたいま、その存在意義について考える。
ホームへ戻る