「スマート・フォーツー」がマイナーチェンジ

2012.05.24 自動車ニュース

「スマート・フォーツー」がマイナーチェンジ

メルセデス・ベンツ日本は2012年5月24日、マイクロコンパクトカー 「スマート フォーツー」をマイナーチェンジし、発売した。あわせて、年内にデリバリー開始予定の「smart fortwo electric drive(スマート電気自動車)」の予約受付を開始した。

■価格は159万円から

新しくなった「スマート・フォーツー」。エクステリアでは、大型化されたフロントグリルに、ハニカム構造の新デザインを採用。グリル中央部には、これも大型化されたクロム仕上げのブランドロゴが配される。より立体的なデザインとなったサイドスカートおよびリアスカートなどが従来モデルからの変更点だ。ボディーカラーには、新色のダークグレーマットが設定された。

ラインナップと価格も見直され、全6グレード展開に。従来のクーペモデル「(旧)クーペmhd」(184万円)の下に、装備を簡素化し、低価格化を実現した二つのグレードが追加されたほか、「クーペ」「カブリオ」それぞれのターボモデルと、電気自動車が新たに加わった。また、NAエンジン搭載の「カブリオ」はラインナップから落ちた。これにより、NAモデルは装備の異なる「(新)クーペmhd」「クーペmhdプラス」「クーペmhdパッション」の3グレードが設定され、価格は最大で25万円引き下げられた。

ベーシックグレードの「クーペmhd」(受注生産)は、トリディオンセーフティセルやファブリックシートの色がブラックのみと設定となり、ホイールは15インチのスチールタイプとなるのが上級モデルとの違い。ESPやECOスタートストップ機能、iPhone/iPod対応FM/AMラジオ&CDプレーヤーは標準装備される。価格は159万円。

「クーペmhdプラス」は、「クーペmhd」の装備に加え、15インチ9スポークアルミホイール、アームレスト(運転席)、電動調整ヒーテッドドアミラーが追加されたモデルだ。価格は168万円。

「クーペmhdパッション」は、従来の「クーペmhd」を引き継ぐグレード。トリディオンセーフティセルやフロントグリル、ミラーがシルバーとなるほか、「ボディ同色スタイリングパッケージ」や3色のシートカラー(ブラック、ベージュ、レッド)が設定される。価格は184万円。

「クーペ ターボ」とそのオープンカー版「カブリオ ターボ」は、「BRABUS」モデル以外では初となる1リッター直3ターボエンジンを搭載し、最高出力84ps/5250rpm(NAモデル比+13ps)、最大トルクは12.2kgm/2000-4750rpm(同+2.8kgm)を発生する。装備は、本革巻き3スポークスポーツステアリング(パドルシフト付き)やコックピットクロック&レブカウンターが装備されるなど、スポーティーな演出が施される。なお、ターボモデルにはアイドリングストップ機能は装備されない。価格は、クーペ ターボが195万円、カブリオ ターボは219万円。

「smart fortwo electric drive(スマート電気自動車)」は、最高出力74ps、最大トルク13.3kgmを発生する電気モーターと、エネルギー容量17.6kWhのリチウムイオン電池を搭載するピュアEVだ。最高速度120km/h以上という動力性能と、フル充電で140km以上(NEDC値)の航続距離を実現している。充電時間は0%から100%まで約8時間(AC200Vコンセント使用時/欧州参考値)で完了するという。なお急速充電には対応していない。価格は295万円。

(Clubpyme 曽宮)

 
「スマート・フォーツー」がマイナーチェンジの画像 拡大
「クーペ mhd」
「クーペ mhd」 拡大
「クーペ mhd プラス」
「クーペ mhd プラス」 拡大
「クーペ mhd パッション」
「クーペ mhd パッション」 拡大
「カブリオ ターボ」
「カブリオ ターボ」 拡大
「スマート電気自動車」
「スマート電気自動車」 拡大

関連キーワード:
フォーツーフォーツーカブリオフォーツー エレクトリックドライブスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
ホームへ戻る