新型「Eクラス クーペ/カブリオレ」発売

2013.08.05 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」 拡大

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス クーペ/カブリオレ」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2013年8月5日、新型「Eクラス クーペ」と「Eクラス カブリオレ」を発表し、同日販売を開始した。同年5月に発売された「Eクラス セダン/ステーションワゴン」と同様、内外装のデザイン、エンジン、安全装備など、2000カ所以上の変更を伴う大がかりなマイナーチェンジとなる。

「メルセデス・ベンツE250クーペ」
「メルセデス・ベンツE250クーペ」 拡大
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」 拡大
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」 拡大
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」 拡大
「メルセデス・ベンツE250クーペ」
「メルセデス・ベンツE250クーペ」 拡大
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」
「メルセデス・ベンツE250カブリオレ」 拡大
メルセデス・ベンツ日本 商品企画/マーケティング部阿左見薫部長(左)と上野金太郎社長(右)。
メルセデス・ベンツ日本 商品企画/マーケティング部阿左見薫部長(左)と上野金太郎社長(右)。 拡大

エクステリアでは、「Eクラス セダン」と同じく、ヘッドライトをこれまでの独立した4灯タイプから、メインビーム、ポジションライト、ウインカー、ドライビングライト、コーナリングライトのすべてにLEDを採用し、全機能を1枚のレンズでカバーする「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」に変更。「クーペ/カブリオレ」のオリジナルデザインとなる、シングルルーバーのフロントグリルと、大型のエアインテークを擁したフロントバンパーを備える。
リアのデザインは従来のイメージを引き継ぎつつも、新デザインのLEDコンビネーションランプを採用するなどの変更が施されている。

インテリアでは、ATのセレクターレバーがステアリングコラムに移り、センターコンソールのデザインが変更されたほか、内装色に「ディープシーブルー」「シルクベージュ」「ベンガルレッド」「エスプレッソブラウン」の4色が新たに加えられた。

エンジンは、「E250クーペ/カブリオレ」には従来の1.8リッターに代えて新型の2リッター直4ターボを搭載。「E350クーペ/カブリオレ」「E550クーペ」には従来型同様、それぞれ3.5リッターV6(225ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)と4.7リッターV8ターボ(408ps/5000-5750rpm、61.2kgm/1600-4750rpm)が搭載される。
新たに搭載される2リッター直4ターボエンジンは、世界で初めて成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、排ガス再循環装置(EGR)の組み合わせを実現。最高出力211ps、最大トルク35.7kgmと、旧型より7ps、4.1kgmのパフォーマンス向上を果たしながら、燃費は約17%改善し、15.5km/リッター(JC08モード)を達成している。

さらに安全装備においても、新たに飛び出し検知機能が付いたブレーキアシスト「BASプラス」や、歩行者検知機能が加わった「PRE-SAFEブレーキ」の採用など、機能を充実させている。
従来の短距離/中長距離ミリ波レーダーに加え、ステレオカメラとリアバンパーに設置されたマルチモードレーダーセンサーを搭載。全車速対応の車間維持機能「ディストロニック・プラス」にステアリング操作のアシスト機能が追加されたほか、被害軽減ブレーキ付きの後方衝突警告システム「リアCPA」を搭載する。

価格は以下の通り。

・E250クーペ(右ハンドル):699万円
・E350クーペ(左/右ハンドル):875万円
・E550クーペ(左ハンドル):1145万円
・E250カブリオレ(右ハンドル):699万円
・E350カブリオレ(左ハンドル):923万円

(工藤考浩)

関連キーワード:
Eクラス クーペ, Eクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
ホームへ戻る