「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

2013.08.07 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」
拡大

「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

トヨタ自動車は2013年8月7日、GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」の商談申し込みの受け付けを、ウェブ限定で同年8月25日に開始すると発表した。販売台数は200台。発売は9月下旬を予定している。

ベースとなったのは日本では販売されていない3ドアモデルの「ヴィッツRS」で、エンジンには最高出力152ps(112kW)/6000rpm、最大トルク21.0kgm(206Nm)/4000rpmの1.5リッターターボを搭載。ベース車(最高出力109ps、最大トルク14.1kgm)から大幅な性能向上を果たしている。

これに組み合わされるトランスミッションは5段MTのみ。足まわりは専用セッティングのサスペンションやリミテッドスリップデフ、対向4ピストンのフロントブレーキキャリパー、専用の前後ブレーキパッドなどでチューニングしており、ボディーにもブレースの追加などによる補強を施している。

内外装も特別仕立てで、エクステリアにはLEDを配したヘッドランプや専用フロントバンパー、大口径マフラーエンド、リアスポイラー、大型ロッカーモールを装備。ボディーサイドには「GRMN」のロゴをエンボス加工で施している。

また、インテリアにも表皮一体発泡工法のスポーツシートをはじめ、レッドステッチ入りの本革巻き3スポークステアリングホイール、タコメーターを中央に据えたアルミ調の3眼メーターなど、随所にGRMN専用の装備を採用。ペダルはアルミ製で、ヒール・アンド・トウをしやすくするためにレイアウトが見直されている。

ボディーカラーは「スーパーホワイトII」と「ブラックマイカ」の2色を設定。価格は270万円。

(Clubpyme)

→関連記事「トヨタGRMNヴィッツ ターボ プロトタイプ」試乗記
 

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る