レクサス本気の「ドライビングレッスン」体験記(前編)

はじまりから刺激的 2013.09.12 LEXUS AMAZING EXPERIENCE

“驚き”がキーワード

面白い、アヤしい、不可解、そう来たかぁ……。最近のレクサスの活動を見ていると、頭の中に「!」や「?」がいくつも点滅する。
例えば本年5月のカンヌ映画祭では、「LEXUS SHORT FILMS(レクサス・ショートフィルム)」と銘打って5作の短編映画のワールドプレミアを開催した。これが映画監督にレクサスのテレビCMやプロモーションビデオを撮影させるというのなら、ありそうな話である。けれども「レクサス・ショートフィルム」は違った。

クエンティン・タランティーノを発掘したことで知られるアメリカの大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが見つけた5人の若手映画監督に自由に映画を撮らせるというのが「LEXUS SHORT FILMS」の中身である。
レクサスはスポンサーとして制作をサポートするものの、ストーリーはクルマとは関係がない。ショートフィルムを撮るにあたって唯一の“縛り”は、「Life is amazing.」を描写するということだけだったという。

10月に第1回を開催する「五感で感じる阿蘇・九州Experienceツアー」も、いままでの自動車メーカーでは考えられなかった新機軸だ。
これは、レクサス車で九州の風光明媚(めいび)な景勝地を巡るツーリングと、サーキットドライブを組み合わせた新しい自動車旅行の提案。阿蘇や湯布院のラグジュアリーなホテルや旅館に宿泊し、大分オートポリスでは現役のSUPER GTドライバーにアドバイスを受けながら、「LFA」や「IS F CCS-R(Circuit Club Sport Racer=サーキットでのスポーツ走行のために開発した特別仕様)」を自ら運転してサーキット走行ができる。

ほかにも、デザイン・アワードや食のイベントを開催したり、青山にレクサスブランドの体験スペース「INTERSECT BY LEXUS」をオープンしたりと、その動きは実にアクティブだ。
ここでレクサスがやろうとしていることは、「AMAZING=驚き」をキーワードに、「体験」や「感動」を提供しようとしていること。いいクルマを作ってお客さんを喜ばすように努めるのは当然として、その次のステージにチャレンジしているのだ。
「ピンとこない」という方も、正直なところ多いだろうと思う。ここで、音楽業界を例にとると、レクサスのやろうとしていることがおわかりいただけるのではないだろうか。


拡大
「LEXUS AMAZING EXPERIENCE ドライビングレッスン」のひとこま。このイベントでは、参加者自身によるスーパースポーツ「LFA」のサーキット走行(写真)が目玉となっている。
拡大
ドライビングレッスンのインストラクターは、現役のレーシングドライバーたち。写真は左から、SUPER GT選手権で活躍中の石浦宏明、国本雄資の両選手。
拡大
会場では、ドリンクやアイスクリームなどのサービスも。
拡大
富士スピードウェイ内にある、レクサスの研修施設「富士レクサスカレッジ」。今回のレッスンでは、ミーティングや食事の場所に充てられた。
拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスRC F(FR/8AT)【試乗記】 2015.2.10 試乗記 「笑顔になれるスポーツカー」をキーワードに開発したという、レクサスのハイパフォーマンスモデル「RC F」。乗ってみたら、どうだった? その実像を報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.4.3 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る