新型「トヨタ・クラウンマジェスタ」がデビュー

2013.09.09 自動車ニュース
「トヨタ・クラウンマジェスタ」。写真は、装備充実の“Fバージョン”。
「トヨタ・クラウンマジェスタ」。写真は、装備充実の“Fバージョン”。 拡大

新型「トヨタ・クラウンマジェスタ」がデビュー

トヨタ自動車は、高級セダン「クラウンマジェスタ」をフルモデルチェンジ。6代目となる新型を、2013年9月9日に発売した。

 
新型「トヨタ・クラウンマジェスタ」がデビューの画像 拡大
後席の様子。「クラウン」よりも75mm長いホイールベース持つ「クラウンマジェスタ」は、前後座席間距離もそのまま75mm長くなっている。
後席の様子。「クラウン」よりも75mm長いホイールベース持つ「クラウンマジェスタ」は、前後座席間距離もそのまま75mm長くなっている。 拡大
室内は、基本的に「クラウン」シリーズと共通のデザインが採用される。
室内は、基本的に「クラウン」シリーズと共通のデザインが採用される。 拡大
トランクルーム。ゴルフバッグは、4つ収納可能だ。
トランクルーム。ゴルフバッグは、4つ収納可能だ。 拡大

■今度は「トップ・オブ・クラウン」

1991年に誕生した初代から数えて、6代目となる新型「クラウンマジェスタ」。ブランドの誕生から20年以上の歴史を持つわけだが、そのルーツとなるのは89年に8代目「クラウン」に追加設定された「4000ロイヤルサルーンG」。4ドアハードトップボディーに、それから2カ月後に登場する初代「セルシオ」に先駆けて4リッターV8エンジンを搭載した最高級グレードだった。

それが1991年に実施されたクラウンのフルモデルチェンジに際して独立し、クラウンとセルシオの間に位置するクラウンマジェスタに昇格した。55年の誕生以来、伝統的にセパレートフレーム形式を採用していたクラウンに対して、マジェスタはモノコックボディーを導入。引き続きV8エンジンも用意された。

2代目以降は、10代目からこちらもモノコックとなったクラウンをベースとしながらも、縦長のテールランプを特徴とする、クラウンよりやや大きい独自のボディーとV8エンジン(直6もあり)が与えられていた。2004年に登場した4代目からはエンジンはV8のみとなり、2006年にセルシオがレクサスブランドに移行してからは、ショーファードリブン用の「センチュリー」を除き、トヨタブランドのフラッグシップとして君臨していた。

クラウンの世代交代より9カ月近く遅れて登場した6代目となる新型は、今までどおりクラウンマジェスタの名を冠するものの、成り立ちは大きく変わった。
ボディーは「クラウン ロイヤル/アスリート」用をストレッチしたもので、パワーユニットはV8ではなく、先代クラウンハイブリッドのそれをブラッシュアップした、現行「レクサスGS450h」と基本的に同じ3.5リッターV6エンジンとモーターによるハイブリッドシステムだ。早い話が、新型は“V6ハイブリッド専用のロングホイールベース版クラウン”。これまでのようなクラウンより格上の独立した車種ではなく、ロイヤルとアスリートの上に位置する、クラウンシリーズの最上級グレードとなったのである。
同級の「日産フーガ」に対する「シーマ」と似たような成り立ちとなったわけだが、先代のセールスは、デビュー当初の月間販売目標1000台に対し、最近では100台前後にまで落ち込んでいたという。モデル末期であることを差し引くとしても、引き続き独立した車種として開発したところで、採算に見合うだけのセールスが期待できないということなのだろう。

フロントまわりは、「クラウン ロイヤル」に似た表情を見せる。縦のグリルバーが「マジェスタ」の証し。
フロントまわりは、「クラウン ロイヤル」に似た表情を見せる。縦のグリルバーが「マジェスタ」の証し。 拡大
 
新型「トヨタ・クラウンマジェスタ」がデビューの画像 拡大
ハイブリッドシステム説明用のスケルトンモデル。「クラウンマジェスタ」は、「クラウン」ファミリーで唯一3.5リッターV6エンジンを用いるハイブリッドカーとなる。
ハイブリッドシステム説明用のスケルトンモデル。「クラウンマジェスタ」は、「クラウン」ファミリーで唯一3.5リッターV6エンジンを用いるハイブリッドカーとなる。 拡大
ブラインドスポットモニター。写真で青く囲まれたところに、他車接近を示すマーカーがともる。
ブラインドスポットモニター。写真で青く囲まれたところに、他車接近を示すマーカーがともる。 拡大
 
新型「トヨタ・クラウンマジェスタ」がデビューの画像 拡大

■ゆとりのハイブリッド専用車

グリル形状はロイヤルに準じているが、マジェスタ伝統の縦バーを強調したフロントグリルにLEDヘッドランプを持つボディーは、ホイールベースがロイヤル/アスリートより75mm延長され2925mmとなった。この数値は、先代クラウンよりやはり75mm長かった先代マジェスタと同じである。全長4970mm、全幅1800mm、全高1460mmというスリーサイズは、全長がきっちり75mm延びたほかはクラウン ロイヤルと同じで、先代マジェスタ(4995×1810×1475mm)よりわずかに縮小。装備の充実したFパッケージで1830kgという車重は、先代の最上級グレードであるGタイプ“Fパッケージ”の1820kgよりやや増加した。

ホイールベースの延長分はそっくり後席スペースの拡大に充てられ、膝まわりや足元に十分なゆとりのある、くつろぎの空間を実現。インテリアのデザインはロイヤルをベースに、木目パネルをケヤキの年輪と玉杢(たまもく)の風合いを生かしたサンバースト木目調に変更。その木目をステアリングホイールや前席シートバック、後席センターアームレストなどにもあしらい、後席ドアトリムのファブリック/レザー部分をショルダー部まで広げたことなどによって、さらなる高級感を演出している。

パワーユニットは前述したようにV6ハイブリッドのみ。新世代直噴技術D-4Sを搭載した3.5リッターV6アトキンソンサイクルエンジンは、2GR-FXEという形式名はレクサス450h用と同じ。だが最高出力292ps/6000rpm、最大トルク36.1kgm/4500rpmというデータは、レクサス用よりわずかに低い。これに最高出力200ps、最大トルク28.0kgmを発生するモーターを組み合わせ、システム全体での最高出力は343psとなる。
このシステムによって先代のV8エンジン搭載車に匹敵する動力性能と静粛性を実現するいっぽうで、燃費はJC08モードでリッターあたり18.2km、CO2排出量128g/kmという高い環境性能をも手に入れた。ただしクラウンのハイブリッドとは異なり、使用燃料は無鉛プレミアムとなる。

クラウンの最高級グレードともなれば、装備が充実していることは言うまでもないが、クラウンシリーズとしては初採用された先進装備もある。例えばドアミラーで確認しにくい斜め後方の車両をレーダーで検知し、ドライバーに注意を喚起するブラインドスポットモニター。これはレクサスの上級車種、またトヨタブランドでは「カムリ」にも用意されているのにもかかわらず、クラウンには設定がなかったが、マジェスタでは標準装備となる。また、「レクサスLS」や「GS」の一部グレードに採用されている、マルチインフォメーションディスプレイに各タイヤの空気圧を表示するタイヤ空気圧警報システム(TPWS)も標準装備となった。

グレードは、基本となるマジェスタと、運転席、助手席、後席でそれぞれ独立したエアコンの設定が可能な3席独立温度コントロールフルオートエアコンや後席パワーシートなどを装備したマジェスタ“Fバージョン”の2種で、価格は前者が610万円、後者が670万円。月販目標は500台という。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
クラウン マジェスタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン マジェスタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • 【ニューヨークショー2019】スバルが新型「アウトバック」を世界初公開 2019.4.11 自動車ニュース スバルは2019年4月10日、アメリカ・ニューヨークで開催される2019ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、新型「アウトバック」を世界初公開すると発表した。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.4.10 試乗記 「ホンダ・ヴェゼル」にパワフルなターボエンジン搭載モデル「ツーリング」が追加された。自然吸気エンジンを搭載したスポーティーグレードが「RS」と名乗る中、どちらかといえば優雅な風情を持つグレード名を採用したことには、どのような事情があるのだろうか。
ホームへ戻る