スバルが「フォレスター」を一部改良

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0i-L EyeSight」
拡大

スバルが「フォレスター」を一部改良

富士重工業は2013年10月29日、SUV「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、電動テールゲートやSRSカーテン&サイドエアバッグの設定対象グレードを大幅に拡大。また、これまでターボ車のみに設定していたスポーツタイプメーター、アルミパッド付きスポーツペダルなどを、自然吸気エンジン搭載車の「2.0i-S EyeSight」にも採用した。

このほかにも、「2.0i-L」「2.0i-L EyeSight」に切削光沢仕上げの17インチアルミホイールを採用。ボディーカラーには新たに「ジャスミングリーン・メタリック」を設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・2.0i:208万9500円
・2.0i-L:240万4500円
・2.0i-L EyeSight:250万9500円
・2.0i-S EyeSight:274万500円
・2.0XT:283万1850円
・2.0XT EyeSight:293万6850円

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
ホームへ戻る