マツダが「ロードスター」を一部改良

2013.12.06 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRS」
拡大

マツダが「ロードスター」を一部改良

マツダは2013年12月6日、オープン2シータースポーツ「ロードスター」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、これまでアルミホイールとのセットオプションだったレカロ社製バケットシート(アルカンターラ/本革)を、シートヒーターとともに「RS」「RS RHT」に16万8000円の単独オプションとして設定。フォグランプをパワーリトラクタブルハードトップ車の全グレードと、ソフトトップ車の「RS」に標準装備した。

またソフトトップ車のルーフの生地を、従来のビニール素材からブラックのクロス地に変更。クルマの横滑りを抑制するDSC(ダイナミックスタビリティーコントロールシステム)+TSC(トラクションコントロールシステム)と、ステアリングシフトスイッチを、パワーリトラクタブルハードトップ車のエントリーグレード「S RHT」にも標準で採用した。

価格はソフトトップ車が233万1000円~262万5000円、パワーリトラクタブルハードトップ車が273万円~294万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る