レーシーな仕立てのロータス・エヴォーラ登場

2014.01.24 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラS スポーツレーサー」
拡大

レーシーな仕立ての「ロータス・エヴォーラ」が登場

日本におけるロータス車の正規輸入販売を手掛けるエルシーアイは2014年1月24日、「ロータス・エヴォーラS スポーツレーサー」の販売を開始した。

エヴォーラS スポーツレーサーは、スーパーチャージャー付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「エヴォーラS」をベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは「アスペンホワイト」「カーボングレー」「ナイトフォールブルー」「アーデントレッド」の4色で、いずれもルーフやフロントスプリッター、リアディフューザー、サイドシルには光沢のあるブラックを採用。リアバッジやドアミラーなども黒でコーディネートしており、足元にはグロスブラックの鍛造ホイールとレッドのブレーキキャリパーを装備している。

一方インテリアでは、2+2シートを標準装備。スエード調素材を用いたダッシュボード、ドアトリム、センターコンソールには、赤いステッチを施している。またダッシュボードには、ベース車となったエヴォーラSと同じく、ガンメタルのダッシュボードパネルを採用。シートには、ブラックレザーに赤のステッチとパイピングを施したものと、ベノムレッドの表皮に黒のパイピングとステッチを施したものの2種類を用意している。

装備も充実しており、スポーツモード切り替えスイッチやチタン製スポーツエキゾーストなどからなる「スポーツ・パック」や、アルパイン製カーナビゲーションシステムやステアリング制御機能付きクルーズコントロールなどからなる「テック・パック」を標準で採用している。

価格は、6段MT仕様が1055万円、IPS(6段AT)仕様が1100万円。納車時期は2014年2月を予定している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • 第7回:アルピーヌA110(前編) 2018.10.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 レースやラリーで名をはせた「アルピーヌ」の名とともに、復活を遂げたフランスのスポーツカー「アルピーヌA110」。尻下がりのフォルムや特徴的な各部のプレスラインなど、オリジナルを忠実に再現したその意匠を、現役のカーデザイナーはどう評するのか?
  • 「ロータス・エキシージ」に走りを高めた「スポーツ410」登場 2018.6.22 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」シリーズに高性能モデルの「スポーツ410」が登場。最高出力を416psに高めた過給機付きV6エンジンの採用に加え、空力関係や足まわりについても改良を実施。0-100km/h加速が3.4秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
ホームへ戻る