レーシーな仕立てのロータス・エヴォーラ登場

2014.01.24 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラS スポーツレーサー」
拡大

レーシーな仕立ての「ロータス・エヴォーラ」が登場

日本におけるロータス車の正規輸入販売を手掛けるエルシーアイは2014年1月24日、「ロータス・エヴォーラS スポーツレーサー」の販売を開始した。

エヴォーラS スポーツレーサーは、スーパーチャージャー付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「エヴォーラS」をベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは「アスペンホワイト」「カーボングレー」「ナイトフォールブルー」「アーデントレッド」の4色で、いずれもルーフやフロントスプリッター、リアディフューザー、サイドシルには光沢のあるブラックを採用。リアバッジやドアミラーなども黒でコーディネートしており、足元にはグロスブラックの鍛造ホイールとレッドのブレーキキャリパーを装備している。

一方インテリアでは、2+2シートを標準装備。スエード調素材を用いたダッシュボード、ドアトリム、センターコンソールには、赤いステッチを施している。またダッシュボードには、ベース車となったエヴォーラSと同じく、ガンメタルのダッシュボードパネルを採用。シートには、ブラックレザーに赤のステッチとパイピングを施したものと、ベノムレッドの表皮に黒のパイピングとステッチを施したものの2種類を用意している。

装備も充実しており、スポーツモード切り替えスイッチやチタン製スポーツエキゾーストなどからなる「スポーツ・パック」や、アルパイン製カーナビゲーションシステムやステアリング制御機能付きクルーズコントロールなどからなる「テック・パック」を標準で採用している。

価格は、6段MT仕様が1055万円、IPS(6段AT)仕様が1100万円。納車時期は2014年2月を予定している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
エヴォーラロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る