20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

2014.03.03 自動車ニュース
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。 拡大

20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年3月3日、ホイールベースを200mm延長した「レンジローバー ロングホイールベース」を発表した。「3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ」と「オートバイオグラフィー」に設定され、価格は1347万円(消費税率8%込み)から。

「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
    拡大
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。 拡大

■20年ぶりに登場

今回新たに導入されたロングホイールベース(LWB)仕様のレンジローバーは、“究極のSUV”を求めるユーザー層や、伝統的なロングホイールベースのサルーンカーに代わるモデルへの需要に向けて投入されるもの。LWB仕様の設定は、1992年から1994年まで販売された「レンジローバーLSE」以来、20年ぶりとなる。

延長分は200mmで(ホイールベース:2920mm→3120mm、全長:5005mm→5205mm)、すべて後席レッグルームの拡大に充てられている。後席はベンチシートか、2座の「エグゼクティブ・クラス」シートから選ぶことができ、後者を選べば、背もたれを標準ホイールベース車より8度深く傾けることができる。

助手席を前方にスライドさせる「パッセンジャーシート・アウェイ」機構を用いれば、後席にさらなるスペースを作り出せる。また、LWB仕様では「電動サイドドアブラインド」と「スライディング・パノラミックルーフ」が標準装備となり、フロントホイールアーチの後方に「L」バッジが備わる。

メーカー希望小売価格は、「レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ LWB」が1347万円、「レンジローバー オートバイオグラフィー LWB」が1810万円(いずれも消費税率8%込み)。

(Clubpyme)

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る