第66回「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」(後編)

2014.09.12 水野和敏的視点

「Sクラス」の技術が降りてきた

前回に続き、今回も「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」を見ていきます。1.6リッター直4ターボエンジン(156ps、25.5kgm)を搭載したC180の豪華版で、車両本体価格は467万円です。

ステアリングホイールを握って走り始める前に、エンジンルームをチェックしましょう。

しっかり、そしてきちんと先行技術を取り入れて作っていますね。先にチェックしたインテリアでは原価低減の部分が散見され、「メルセデスらしくあるためには、AMGパッケージを追加することをお勧めしたい」と言いましたが、エンジンルームの中身やボディー構造は依然として一級品、まさしくメルセデスです。

新型Cクラスの特徴は、スチール製キャビンとその前後をアルミ製とした「アルミニウムハイブリッドボディーシェル」にあります。ボディーシェルにおけるアルミ使用率は50%前後にもなると言われていますが、これはいわば「Sクラス」から降りてきたボディー構造です。

エンジンルームでは、フロントサスペンションのアッパーマウント部の車体構造を、いくつもの鉄板プレスをスポット溶接した構造体でなく、Sクラスのように、アルミの大型ダイキャストの一体構造品にしてきましたね。これは私が「日産GT-R」でやったことと同じです。かなり進化しています。走りや乗り心地が期待できそうです。


拡大

拡大
メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1810×1435mm/ホイールベース:2640mm/車重:1510kg/駆動方式:FR/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:156ps/5300rpm/最大トルク:25.5kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/車両本体価格:467万円
拡大

拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
ホームへ戻る