第67回「ダイハツ・コペン ローブ」

2014.09.19 水野和敏的視点

骨格は新しくなったが……

軽自動車では、相変わらず「ダイハツ・タント」「スズキ・ワゴンR」「ホンダN-BOX」などの実用的なトールワゴンが人気を博しています。しかし、走る楽しさをテーマにしたモデルも、少数ながら存在します。今年の6月に発売された2シーターのオープンスポーツカー「ダイハツ・コペン ローブ」もそんなジャンルのクルマです。先代モデルと同様に、自動で開閉する折り畳み式のハードトップを持ち、トランスミッションには5段MTとCVTが用意されます。今回試乗するのはCVTモデル。車両本体価格は179万8200円です。

さて、早速、車両を見ていきましょう。デビュー前から喧伝(けんでん)されていたように、このクルマの特徴は「着せ替え」ができる、つまり外板を交換できることにあります。その下には、ダイハツが「D-Frame」と呼ぶ新しい骨格構造が隠れています。

ただ、パッと見ただけでも、私にはこの骨格の、特にキャビン後方のボディー構造に対して、いくつかの疑問が浮かび上がります。

そのひとつめが、キャビンとトランクを結ぶ部分です。幅の広いルーフ収納スペースに場所を取られてしまい、平板一枚という感じの薄いメンバー類で構成された構造になっている上に、このメンバーを左右でつなぐクロスメンバーもスペースの関係で通常の軽自動車より小さな断面構造となっています。これはあたかも「トランクがキャビンの後端にぶら下がっている」と思ってしまうような設計です。ルーフ部分の構造体のないオープンカーの場合、本来であればこの部分は、通常の軽自動車より補強されていなければならないはずですが……。

そしてふたつめが、リアのショックアブソーバーの車体取り付け点、つまりショックアブソーバーという入力が一番大きな部品を取り付ける場所が車体の一番後ろにあり、車体を曲げる力が最も大きく入る配置と設計になってしまっている点です。コペン ローブはオープンカーであるために、ルーフを支えるピラーも事実上、ありません。

この車体構造では、操安性を考えた場合、素晴らしくしっかりと作られたフロントに対して、リア部分だけが旋回中によじれて変形するため、リアが比較的簡単にブレイクアウトしてしまうことが予想されます。また、通常の直進状態での乗り心地も、絶えずお尻の下から「ブルブルと突き上げられる感じ」の振動が発生することが予想されます。


拡大
「コペン ローブ」に採用された新しい骨格構造「D-Frame」(写真=Clubpyme)
拡大

拡大

拡大
ダイハツ・コペン ローブ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1280mm/ホイールベース:2230mm/車重:870kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:64ps/6400rpm/最大トルク:9.4kgm/3200rpm/タイヤ:(前)165/50R16 (後)165/50R16/車両本体価格:179万8200円
ダイハツ・コペン ローブ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1280mm/ホイールベース:2230mm/車重:870kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:64ps/6400rpm/最大トルク:9.4kgm/3200rpm/タイヤ:(前)165/50R16 (後)165/50R16/車両本体価格:179万8200円 拡大

第67回「ダイハツ・コペン ローブ」の画像 拡大

関連キーワード:
コペン, ダイハツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)【試乗記】 2015.5.19 試乗記 個性的なエクステリアデザインで“新ジャンル感”を追求したという、ダイハツのオープン軽「コペン エクスプレイ」。5段MTモデルで、その素顔に迫った。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペンに黒と赤のツートン仕様登場 2016.4.4 自動車ニュース ダイハツが軽オープンの「コペン」を一部改良。「ローブ」に黒と赤のツートン仕様をオプション設定した。同時に装備の強化も図っており、マルチリフレクターハロゲンフォグランプを全車に標準採用。また各モデルの内装色をブラックで統一した。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • タフ&アグレッシブな新デザイン「コペン」登場 2014.11.19 自動車ニュース ダイハツが「コペン」に「タフ&アグレッシブ」な新デザインを追加した。
ホームへ戻る