第71回「アウディS3セダン」

2014.10.17 水野和敏的視点

アウディは真剣に考えている

前々回の「ボルボS60ポールスター」、前回の「スバルWRX STI」に続き、今回もパワフルなエンジンを搭載するスポーティーな4WDセダンを取り上げます。実は次回もハイパワーな4WDセダンに乗る予定ですが、どのクルマかはナイショ! 楽しみにしていてください。

それはともかく、今回の主役は「アウディS3セダン」。2014年の初頭に「A3セダン」と同時に日本への輸入が始まった、スポーティーな3ボックス車です。

S3セダンのベースとなるA3セダンには、1.4リッターターボとその気筒休止機能付き、および1.8リッターターボの計3モデルが用意され、駆動方式は1.4リッターがFF、1.8リッターが4WDとなります。それに対して、S3セダンは2リッターターボエンジン(285ps、38.8kgm)に4WDという組み合わせのみ。価格は585万円です。

それでは早速、運転席に着いてみましょう。A3セダンに試乗したとき(当連載の第55回と56回。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と比較しました)にも言及しましたが、やはりアウディ車の内装は、プレミアムブランドの中でも群を抜いて上質です。マット(つや消し)の黒をメインとして、しっとりまとめられています。エアコン吹き出し口などのシルバーの加飾(かしょく)も、シンプルですが、蒸着メッキのテカリをうまく抑えています。

液晶ディスプレイがダッシュボードの上面に埋め込まれ、自動で出てくる仕組みもいい。この方式を久しぶりに見て、私がかつて「V35スカイライン」に採用したことを思い出し、とても懐かしい気持ちになりました。メルセデス・ベンツがディスプレイを、「Aクラス」はおろか「Cクラス」でも違和感や後付け感を持たれかねない取り付け方をして、メルセデスに長く親しんできたオーナーの一部をガッカリさせているのとは対照的です。

また、S3セダンはセンターコンソールやシフトレバーまわりの処理もうまい。シルバーやマットブラック、(塗装ではない)練り込み式のピアノブラックといった素材を整然と並べ、そのコーディネートに隙がありません。A3やS3はボディーがコンパクトな分、上位車種である「アウディA4」より密に仕上げられた印象を受け、その結果、質感の高さが強調されています。担当者が本気で知恵を絞っているのが伝わってくるインテリアです。


第71回「アウディS3セダン」の画像 拡大

第71回「アウディS3セダン」の画像 拡大

第71回「アウディS3セダン」の画像 拡大
アウディS3セダン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1795×1380mm/ホイールベース:2630mm/車重:1520kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:285ps/5300-6200rpm/最大トルク:38.8kgm/1800-5200rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/車両本体価格:585万円
アウディS3セダン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1795×1380mm/ホイールベース:2630mm/車重:1520kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:285ps/5300-6200rpm/最大トルク:38.8kgm/1800-5200rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/車両本体価格:585万円 拡大

第71回「アウディS3セダン」の画像 拡大

関連キーワード:
S3スポーツバック, アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディが「A3」と「S3」の仕様・装備を一部変更 2018.9.20 自動車ニュース アウディが「A3スポーツバック/セダン」「S3スポーツバック/セダン」の装備・仕様を変更。S3のリアシートを3分割可倒式としたほか、A3ではオプションの「ラグジュアリーパーッケージ」にチェスナットブラウンのパーシャルレザーシートを設定した。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
ホームへ戻る