レクサスの日本開業10周年記念モデルが登場

2015.01.09 自動車ニュース
「レクサスLS600h“Fスポーツ Xライン”」
「レクサスLS600h“Fスポーツ Xライン”」 拡大

レクサスの日本開業10周年記念モデルが登場

トヨタ自動車は2015年1月8日、「レクサスLS/GS/IS/CT」の4モデルに、レクサスの日本開業10周年を記念した特別仕様車“Fスポーツ Xライン”を設定。同日、販売を開始した。

「レクサスLS600h“Fスポーツ Xライン”」
「レクサスLS600h“Fスポーツ Xライン”」 拡大
「レクサスLS600h“Fスポーツ Xライン”」
「レクサスLS600h“Fスポーツ Xライン”」 拡大

今回の“Fスポーツ Xライン”は、各モデルのスポーティーグレード“Fスポーツ”をベースに、内外装を華やかにドレスアップした特別仕様車だ。
エクステリアでは、ボディーカラーに「ホワイトノーヴァガラスフレーク」と「ブラック」を設定し、スピンドルグリルやアルミホイールを専用ブラックに塗装。インテリアは、ブラック&スカーレットという大胆な配色で彩られている。

モデルごとの主な特別装備の内容は以下の通り。

LS“Fスポーツ Xライン”
・“Fスポーツ”専用スピンドルグリル(専用ブラック塗装)
・フロントフォグランプベゼル(専用ブラック塗装)
・“Fスポーツ”専用アルミホイール(鍛造/専用ブラック塗装<メーカーオプション>)
・“Fスポーツ”専用リアバンパー(専用ブラック塗装<バンパー下部>)
・インテリアカラー(ブラック&スカーレット)
・ステッチカラー トリム部(ブラック/レッド)
・ステッチカラー シート部(ブラック)
・“Fスポーツ”専用ディンプル本革ステアリング(専用レッドステッチ)
・プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

「GS450h“Fスポーツ Xライン”」
「GS450h“Fスポーツ Xライン”」 拡大
「GS450h“Fスポーツ Xライン”」
「GS450h“Fスポーツ Xライン”」 拡大

GS“Fスポーツ Xライン”
・“Fスポーツ”専用スピンドルグリル(専用ブラック塗装)
・フロントフォグランプベゼル(専用ブラック塗装)
・“Fスポーツ”専用アルミホイール(専用ブラック塗装<メーカーオプション>)
・“Fスポーツ”専用リアバンパー(専用ブラック塗装<バンパー下部>)
・インテリアカラー(ブラック&スカーレット)
・ステッチカラー トリム部(レッド)
・ステッチカラー シート部(ブラック)
・“Fスポーツ”専用ディンプル本革ステアリング(専用レッドステッチ)
・“Fスポーツ”専用ディンプル本革シフトノブ(専用レッドステッチ)
・プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)
・レーダークルーズコントロール(「450h」「300h」は全車速追従機能付き、「350」「250」はブレーキ制御付き)

「IS350“Fスポーツ Xライン”」
拡大
「IS350“Fスポーツ Xライン”」
拡大

IS“Fスポーツ Xライン”
・“Fスポーツ”専用スピンドルグリル(専用ブラック塗装)
・“Fスポーツ”専用アルミホイール(専用ブラック塗装<メーカーオプション>)
・インテリアカラー(ブラック&スカーレット)
・ステッチカラー トリム部(レッド)
・ステッチカラー シート部(ブラック)
・シート表皮(専用L texスポーツシート)
・“Fスポーツ”専用ディンプル本革ステアリング(専用レッドステッチ)
・プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)
・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)

「CT200h“Fスポーツ Xライン”」
拡大
「CT200h“Fスポーツ Xライン”」
拡大

CT“Fスポーツ Xライン”
・“Fスポーツ”専用スピンドルグリル(専用ブラック塗装)
・フロントフォグランプベゼル(専用ブラック塗装)
・“Fスポーツ”専用アルミホイール(専用ブラック塗装<メーカーオプション>)
・“Fスポーツ”専用リアバンパー(専用ブラック塗装<バンパー下部>)
・インテリアカラー(ブラック&スカーレット)
・ステッチカラー トリム部(レッド)
・ステッチカラー シート部(ブラック/レッド)
・シート表皮(専用ファブリック/L texシート)
・“Fスポーツ”専用ディンプル本革ステアリング(専用レッドステッチ)
・プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)
・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)

価格は、LS“Fスポーツ Xライン”が1043万1000円~1300万2000円、GS“Fスポーツ Xライン”が631万9000円~847万9000円、IS“Fスポーツ Xライン”が507万5000円~625万8000円、CT“Fスポーツ Xライン”が433万円。

また「CT200h」では特別仕様車の発売に合わせ、一部改良を実施。G-Link新機能として、音声対話サービス・先読み情報案内サービスの「エージェント」やアプリを追加できる「レクサス アップス」を搭載するとともに、「ソニッククォーツ」のボディーカラーを新設定している。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
IS, GS, LS, CT, レクサス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2013.7.30 試乗記 フルモデルチェンジを機に、「レクサスIS」に初めてハイブリッドモデルが加わった。モーター付きの“スポーツセダン”は、どんな走りを見せるのか? 燃費とあわせて報告する。
  • 新型「レクサスIS」(前編) 2013.5.16 画像・写真 2代目に進化した、セダン「レクサスIS」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)/ES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.30 試乗記 日本国内での販売がいよいよ始まった、レクサスのセダン「ES」。新型では、従来モデルで好評だった“快適性”を一段と磨き上げたというのだが……? 最上級グレードとES初のスポーティーグレード、2モデルの試乗を通して乗り味をチェックした。
  • レクサスIS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.10.14 試乗記 レクサスのスポーティーセダン「IS」に、レクサスにとって2番目となるダウンサイジングターボを搭載した「200t」が追加された。ターボチャージャーを自製したという、こだわりの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載したFRセダンの実力やいかに?
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る