第91回:ポルシェ・マカン ターボ(前編)

2015.03.13 水野和敏的視点

400psの最上級グレードに試乗

ポルシェの新型SUV「マカン」は、日本でも相当人気のようですね。昨年11月半ばの発表時、ポルシェジャパンは1500台ものオーダーを抱え、モデルによっては納車まで1年待ちなんていわれていました。あれから3カ月たって、今ではそれなりに落ち着いてきたようですが、それでも4カ月程度は待たなくてはならないようです。今回は、その大人気のマカンをテストします。

ご存じのように、マカンは同じフォルクスワーゲングループの「アウディQ5」のコンポーネントを活用して、ポルシェが開発したクルマです。兄貴分の「カイエン」に比べればコンパクトといえるかもしれませんが、それはあくまで比較の問題。絶対的なボディーサイズは全長4700×全幅1925×全高1625mm(マカン ターボの場合)と、決してコンパクトではありません。ここ日本でこのクルマを見れば、なおさらその印象を強めるはずです。

ラインナップは、ベーシックな方から「マカン」「マカンS」「マカン ターボ」の3種類。最上級モデルにだけ「ターボ」の名称が与えられていますが、実はマカンは2リッター直4ターボ(237ps、35.7kgm)、マカンSは3リッターV6ツインターボ(340ps、46.9kgm)、マカン ターボは3.6リッターV6ツインターボ(400ps、56.1kgm)という具合に、すべてのエンジンにターボが装着されています。

車両本体価格は順に616万円/719万円/997万円。つまりマカン ターボは上級モデルの「カイエン」のベースモデル(859万909円)を凌(しの)ぐ価格設定となっています。

今回はこのマカン ターボに試乗します。オプションを含めると、その価格は「カイエンS」や「カイエンS E-ハイブリッド」を上回る1226万2000円(!)にも達します。

ではいざ、試乗コースに出てみましょう。


第91回:ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像 拡大

第91回:ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像 拡大

第91回:ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像 拡大
ポルシェ・マカン ターボ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4700×1925×1625mm/ホイールベース:2805mm/車重:1980kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:400ps/6000rpm/最大トルク:56.1kgm/1350-4500rpm/タイヤ:(前)265/40R21 (後)295/35R21/価格:997万円
ポルシェ・マカン ターボ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4700×1925×1625mm/ホイールベース:2805mm/車重:1980kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:400ps/6000rpm/最大トルク:56.1kgm/1350-4500rpm/タイヤ:(前)265/40R21 (後)295/35R21/価格:997万円
    拡大

第91回:ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
マカン, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.12.19 試乗記 「ポルシェ・マカン」がデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた。いまやポルシェの販売台数の約4割を占める、収益面での柱となりつつあるコンパクトSUVは、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・マヨルカ島からの第一報をお届けする。
  • 「ポルシェ・マカン」発表会の会場から 2018.12.20 画像・写真 ポルシェ ジャパンは2018年12月19日、フェイスリフトを行った「マカン」を発表した。導入モデル「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定。当日の模様を写真で紹介しよう。
  • フェイスリフトした「ポルシェ・マカン」が国内デビュー 2018.12.19 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2018年12月19日、フェイスリフトを行った「マカン」を発表した。導入モデルとして、装備を充実させた「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定。標準モデルと共に、2019年夏の発売を予定している。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
ホームへ戻る