「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが当特集。今回はポルシェの新しいコンパクトSUV「マカン」に試乗する。

■400psの最上級グレードに試乗

ポルシェの新型SUV「マカン」は、日本でも相当人気のようですね。昨年11月半ばの発表時、ポルシェジャパンは1500台ものオーダーを抱え、モデルによっては納車まで1年待ちなんていわれていました。あれから3カ月たって、今ではそれなりに落ち着いてきたようですが、それでも4カ月程度は待たなくてはならないようです。今回は、その大人気のマカンをテストします。

ご存じのように、マカンは同じフォルクスワーゲングループの「アウディQ5」のコンポーネントを活用して、ポルシェが開発したクルマです。兄貴分の「カイエン」に比べればコンパクトといえるかもしれませんが、それはあくまで比較の問題。絶対的なボディーサイズは全長4700×全幅1925×全高1625mm(マカン ターボの場合)と、決してコンパクトではありません。ここ日本でこのクルマを見れば、なおさらその印象を強めるはずです。

ラインナップは、ベーシックな方から「マカン」「マカンS」「マカン ターボ」の3種類。最上級モデルにだけ「ターボ」の名称が与えられていますが、実はマカンは2リッター直4ターボ(237ps、35.7kgm)、マカンSは3リッターV6ツインターボ(340ps、46.9kgm)、マカン ターボは3.6リッターV6ツインターボ(400ps、56.1kgm)という具合に、すべてのエンジンにターボが装着されています。

車両本体価格は順に616万円/719万円/997万円。つまりマカン ターボは上級モデルの「カイエン」のベースモデル(859万909円)を凌(しの)ぐ価格設定となっています。

今回はこのマカン ターボに試乗します。オプションを含めると、その価格は「カイエンS」や「カイエンS E-ハイブリッド」を上回る1226万2000円(!)にも達します。

ではいざ、試乗コースに出てみましょう。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

すべての画像・写真を見る

この記事は会員限定公開です。プレミアム会員(月額500円+税)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。

プレミアム会員に登録する