第14回:高級車の世界にようこそ
輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~

2015.03.19 JAIA輸入車試乗会2015

フォルクスワーゲンやボルボの上級モデルに、キャデラック、アルピナと、輸入車の中でも車体価格が3ケタ万円の後半に突入すると、「高級車」といって差し支えないモデルが顔を出し始める。そんな中から、Clubpyme編集部が注目した5台を一挙紹介する。

見た目よりマジメ
キャデラックATSクーペ プレミアム……509万円

アメリカっていう国は、本当に面白いなと思った。
グーグルもアップルもマイクロソフトもあって、さらにこのキャデラックまであるのだから、幅広いし奥深いし多様だ。
その多様さ故なのか、一昔前なら「アメリカン」という言葉はとてもわかりやすかったけれど、今ではファミレスのメニューくらいでしか見かけない、ほとんど死語といっていい言葉になってしまった。

近年シリコンバレー周辺で流行している、シンプルで平面的な「フラットデザイン」からは遠く離れた、独特の印象を放つ「ATSクーペ」だが、ゼネラルモーターズ・ジャパンの広報さんから、このクルマはITベンチャーの社長さんにも売れているらしいと聞いて、ちょっとびっくりした。ITバブル以降の若いベンチャー社長は堅実派だから、ドイツ製のアレとか、あるいは国産のソレとかに乗るのかと思っていたので意外だ。

けれども、一見すると派手でチャラっとしたイメージのATSクーペだが、乗ってみると実にマジメなクルマなのだった。カッシリとしたステアリングフィールに、いかにも精密さを感じさせるエンジン。竹下 登の孫でミュージシャンのDAIGOは、外見はビジュアル系だが、人柄はマジメで礼儀正しいらしい。ATSクーペもまさしくそういったクルマだ。

パッと見はほかにない斬新さで、それでいて中身は機能がびっしりと詰まっている。そんな新しいカタチの「アメリカン」が、新しい価値観を作り出そうとしている人たちに好まれているというのは、乗ってみるとなるほどうなずける。

(文=工藤考浩/写真=田村 弥)

キャデラックATSクーペ プレミアム
キャデラックATSクーペ プレミアム 拡大
 
第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る