ジープ・ラングラーの限定車、全10色で登場

2015.04.01 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロック」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロック」
    拡大

「ジープ・ラングラー アンリミテッド」の限定車、全10色で登場

FCAジャパンは2015年3月31日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に特別仕様車「Rubicon Hard Rock(ルビコン ハードロック)」を設定し、同日から同年4月26日までの期間限定で受注すると発表した。


ジープ・ラングラーの限定車、全10色で登場の画像 拡大
レッドのレザーシート。一部のボディーカラー(ブラック、ファイヤークラッカーレッド、ビレットシルバーメタリック、ブライトホワイト、アンヴィル)で選択できる。
レッドのレザーシート。一部のボディーカラー(ブラック、ファイヤークラッカーレッド、ビレットシルバーメタリック、ブライトホワイト、アンヴィル)で選択できる。
    拡大
こちらはブラックのレザーシート。10色全てのボディーカラーに組み合わせ可能。
こちらはブラックのレザーシート。10色全てのボディーカラーに組み合わせ可能。
    拡大

今回のジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロックは、4ドアの本格オフロードモデルであるラングラー アンリミテッドをベースとする特別仕様車だ。

一番のトピックは、国内未展開のカラーを含めた10色のボディーカラー(ブラック、ハイドロブルー、タンク、ファイヤークラッカーレッド、ビレットシルバーメタリック、ブライトホワイト、サンセットオレンジ、コッパーブラウン、バハイエロー、アンヴィル)と、2色のシートカラー(ブラック、レッド)からなる、全15通りのカラーバリエーションが用意されること。
そのほか、以下のドレスアップアイテムや機能装備も与えられる。

・レザーヒーテッドシート
・Jeepロゴ入りラバーフロアマット
・ロックレール
・フードパワードーム
・Rubiconフードデカール
・プレミアムビークルインフォメーションセンター
・ブラックカラーフューエルフィラードア
・17インチアルミホイール(ブラック)

価格は468万7200円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場 2019.2.13 自動車ニュース トライアンフから新型の大型二輪モデル「スピードツイン」が登場。クラシカルな「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたり、専用設計のシャシーに高出力版の1.2リッター並列2気筒エンジンを搭載した、スポーティーな走りを特徴としている。
ホームへ戻る