第26回:「モデルS」の走りをお試しあれ!
インポーターに聞きました~テスラ編~

2015.05.04 JAIA輸入車試乗会2015

いよいよ日本において「モデルS」の納車を開始したテスラ。電気自動車専門メーカーである同社の、2015年の取り組みを聞いた。

セダンタイプの電気自動車「テスラ・モデルS」。2015年夏からは、4WD車の納車も始まる予定だ。
セダンタイプの電気自動車「テスラ・モデルS」。2015年夏からは、4WD車の納車も始まる予定だ。 拡大
2014年9月の納車式において、「モデルS」とともに撮影に応じる、テスラのイーロン・マスクCEO。
2014年9月の納車式において、「モデルS」とともに撮影に応じる、テスラのイーロン・マスクCEO。 拡大
今回は、テスラモーターズジャパン 広報/渉外の土肥亜都子さんに話をうかがった。
今回は、テスラモーターズジャパン 広報/渉外の土肥亜都子さんに話をうかがった。 拡大

全国で「モデルS」の試乗会を開催

――2014年はテスラにとってどのような年でしたか?

2010年から予約を受け付けていたモデルSの納車を、ようやく始めることができました。2基のモーターを搭載した4WD車「デュアルモーター」の日本導入についてもアナウンスできましたし、テスラにとってよい一年になったと考えております。

――今注目の車種、また今年導入を予定している車種にはどのようなものがありますか?

今年はデュアルモーター仕様のモデルSのデリバリーが始まります。現在販売予約を受け付けているところで、夏以降に順次納車させていただく予定です。また、モデルSはソフトウエアのアップデートによって逐次新機能を搭載していくことが可能となっており、今年の夏以降はカーナビゲーションに関連した機能も配信いたします。

ファイナンシャルサービスに関する分野では、納車の際に弊社が提示する価格で、お客さまのローン借入れ期間の49カ月目の時点でモデルSを買い取ることを保証するプログラムを開始し、ご購入をサポートしたいと考えています。

――全国の『Clubpyme』読者に一言お願いします!

今年は全国でモデルSの試乗会を開催いたします。「百聞は一見にしかず(Seeing is believing)」ならぬ「試乗に勝る体験なし(Driving is believing)」。ぜひご参加いただき、会場でテスラを体験してください。

(インタビューとまとめ=Clubpyme 堀田剛資/写真=峰 昌宏、田村 弥、Clubpyme)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • パリモーターショー2018(テスラ/ホンダ/ヴィンファスト) 2018.10.4 画像・写真 パリモーターショー2018の会場から、ベトナムの自動車メーカー、ヴィンファストの2モデルや、電気自動車の「テスラ・モデル3」、「ホンダ・シビック タイプR」の姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • ベントレー・ミュルザンヌ スピード(FR/8AT)【試乗記】 2018.11.15 試乗記 誰もが巨大だと思うサイズのボディーに最高出力537psの6.75リッターV8を搭載した、ベントレーの最高峰モデル「ミュルザンヌ スピード」。ボディーサイズにかかわらずドライバーズカーを標榜(ひょうぼう)する、ベントレー独自の世界観を公道で味わった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
ホームへ戻る