第99回:台湾取材/ラクスジェンU6ターボ エコハイパー試乗記

2015.05.08 水野和敏的視点

成熟した市場で戦う

「トヨタRAV4」「ホンダCR-V」「三菱アウトランダー」……ここ台北でもクロスオーバーSUVは人気のようで、日本でもおなじみのモデルを頻繁に見かける。数のうえでは日本車が主役という印象だが、欧州のSUVも決して珍しい存在ではない。メルセデス・ベンツやBMWなど、ドイツ車に人気が集まっているようだ。

燃費面ではハンディを抱え、車両価格だって割高。それなのに人気が高いクロスオーバーSUVは、その市場が「成熟」しているかどうかを見極めるいいバロメーターなのかもしれない。ちなみに、台湾の自動車市場は数の上ではすでに1990年代に成熟期を迎えたとされており、新車販売は1994年に約57万7000台(現時点におけるピーク)に達した。

量的にも、そして質的にも成熟しているのなら、台湾の消費者の「いいモノ」を見抜く目は相当厳しいはずだ。もはや中途半端な品質や性能などでは認めてもらえないだろう。台湾ブランド・ラクスジェンに対する市場の要求値は、思いのほか高そうである。

台湾でもクロスオーバーSUVは人気。日本や欧州のSUVがたくさん走っている。
台湾でもクロスオーバーSUVは人気。日本や欧州のSUVがたくさん走っている。
    拡大
今回試乗した2台の「ラクスジェンU6ターボ」。手前(白)が新型の「U6ターボ エコハイパー」で、奥(水色)が従来型の「U6ターボ」。外観上の違いはほとんどない。
今回試乗した2台の「ラクスジェンU6ターボ」。手前(白)が新型の「U6ターボ エコハイパー」で、奥(水色)が従来型の「U6ターボ」。外観上の違いはほとんどない。
    拡大
ラクスジェンU6ターボ エコハイパー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4625×1825×1645mm/ホイールベース:2720mm/車重:1472kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:170ps/5500rpm/最大トルク:26.1kgm/2400-4000rpm/タイヤ:(前)215/55R17 (後)215/55R17
ラクスジェンU6ターボ エコハイパー
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4625×1825×1645mm/ホイールベース:2720mm/車重:1472kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:170ps/5500rpm/最大トルク:26.1kgm/2400-4000rpm/タイヤ:(前)215/55R17 (後)215/55R17
    拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事