第101回:ホンダS660 α(後編)

2015.05.22 水野和敏的視点

「個性」と「独りよがり」は違う

前回に続き、今回も「ホンダS660」を取り上げます。軽自動車の規格の中で、上手にミドシップスポーツにまとめたS660ですが、細かく見ていくと「どうして?」と思わせる部分も少なくありません。

まず気になるのが乗降性の悪さ。どういうわけかインストゥルメントパネルの右端が下方に突き出しており、ドアを開けて乗り込もうとすると邪魔になるのです。そこにはドアミラーの調整スイッチが配置されているのですが、なぜドアの開口部を狭めてまで、ミラーの調整機能を優遇する必要があるのでしょうか?

さらに悪いことに、ドアの下部ではスピーカーを収めたプラスチックのケースが異様なまでに突出しています。また車体のフロントピラーとシルが接合する角部のコーナーRが異常なほど大きく、ドア前端部の“足元通過スペース”を狭めてしまっています。そのせいで、S660の低いシートにインパネの出っ張りを気にしつつ体を滑り込ませると、必ずといっていいほど靴の先でスピーカーの格子を擦ってしまうのです。

すでにこの試乗車でも、ドアのスピーカー部と、そこから連続するアームレストの下端部には、靴によるものと思われる多数の擦り傷が付いており、広い範囲で黒いプラスチック部品が傷とともに白化していました。

日本でスポーツカーというと、「若者のモノ」というイメージがあります。もちろん若い人たちにも大いに乗ってもらいたいのですが、実際には年配の人たちが趣味として楽しむことも多いのです。

S660はスポーツカーですから、着座位置が低いのは当たり前。でも、だからこそ乗降性にはより一層、配慮しなければなりません。特に2ドア車ではドアが前後に長くなりますから、スーパーマーケットの駐車場など狭い場所では半分程度しか開けられないなんてことも多いはずです。テストコースの広い駐車場とは事情が違うのです。


第101回:ホンダS660 α(後編)の画像 拡大

第101回:ホンダS660 α(後編)の画像 拡大

第101回:ホンダS660 α(後編)の画像 拡大

第101回:ホンダS660 α(後編)の画像 拡大

第101回:ホンダS660 α(後編)の画像 拡大
ホンダS660 α
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps/6000rpm/最大トルク:10.6kgm/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V (後)195/45R16 80W/価格:218万円
ホンダS660 α
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps/6000rpm/最大トルク:10.6kgm/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V (後)195/45R16 80W/価格:218万円 拡大

第101回:ホンダS660 α(後編)の画像 拡大

関連キーワード:
S660, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • 日産が公約通り、テニスの大坂なおみ選手に「GT-R」を贈呈 2018.11.14 自動車ニュース 日産自動車は2018年11月13日、同社のブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手に、2018年モデルの「日産GT-R NISMO」を贈呈したと発表した。贈呈されたのは、アルティメイトメタルシルバーのボディーカラーの左ハンドルモデルである。
  • 「積めればいい」は過去の話
    軽トラックの最前線を追う
    2018.11.14 デイリーコラム 「とにかく積めればいい」「キャビンの使い勝手は二の次」と、レーシングカーとはまた違った“スパルタンさ”が当然だった軽トラックだが、最近は少々事情が異なる。先進安全装備だけでなく、クルマをオシャレに飾るアイテムがふんだんに用意されているのだ。その最前線を追った。
  • 「ホンダ・インサイト」が帰ってくる
    ズバリ、日本市場での勝算は?
    2018.11.7 デイリーコラム 2018年内に国内で復活販売されることが発表された「ホンダ・インサイト」。新たにセダンボディーを手にした新型に、果たして日本市場での勝算はあるのだろうか。識者が解説する。
  • トヨタがコンパクトカー「ルーミー/タンク」の安全装備を強化 2018.11.1 自動車ニュース トヨタがコンパクトカー「ルーミー/タンク」を一部改良。運転支援システム「スマートアシストIII」やコーナーセンサーを、エントリーグレードを除く全車に標準装備した。同時に特別仕様車「G“Cozy Edition(コージーエディション)”」も発売している。
ホームへ戻る