第107回:フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)

2015.07.03 水野和敏的視点

足まわりは欧州車のようだ

一見レトロな外観とは裏腹に、“21世紀のクルマ”に脱皮した最新マスタング。足まわりもその例に漏れず、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクと、いよいよ四輪独立懸架に進化しました。

実際にステアリングホイールを握って走ってみると、アシはいかにも“今風”です。セッティングは柔らかめで、路面の凹凸などはタンタン……と軽くいなします。だからといって、変によれたりもしません。旋回時はロールがきれいに抑えられていて、4輪がきっちりと接地します。また、乗り心地に“角感”はなく、適度に引き締まっています。これはもう欧州車のアシといっていいのではないでしょうか。

細かいことをいうと、ボディーの途中、後席の前あたりのサイド部分に、ちょっと弱いところがありますね。新型マスタングは足まわりがすごくよくなっていて、前後のバランスもいいのですが、コーナリング中にリアが粘っているときに、その部分がわずかにねじれてしまっているようです。

もっとも、それは全体の完成度からいったらささいなことにすぎません。僕はこの新型マスタングを、「リタイアしたら、買おうかな?」と考えたほど気に入っています。


第107回:フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)の画像 拡大

第107回:フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)の画像 拡大

第107回:フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)の画像 拡大

フォード・マスタング 50 YEARS EDITION
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4790×1920×1380mm/ホイールベース:2720mm/車重:1660kg/駆動方式:FR/エンジン:2.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:314ps/5500rpm/最大トルク:44.3kgm/3000rpm/タイヤ:(前)255/40ZR19 (後)255/40ZR19/車両本体価格:465万円


    フォード・マスタング 50 YEARS EDITION
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4790×1920×1380mm/ホイールベース:2720mm/車重:1660kg/駆動方式:FR/エンジン:2.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:314ps/5500rpm/最大トルク:44.3kgm/3000rpm/タイヤ:(前)255/40ZR19 (後)255/40ZR19/車両本体価格:465万円
    拡大

関連キーワード:
マスタング, フォード

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
  • フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(FR/6AT)【試乗記】 2014.12.23 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティーカー「フォード・マスタング」の新型が日本に上陸。6代目のギャロッピングホースがどんな走りを見せるのか、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した限定モデルを試した。
ホームへ戻る