第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)

2015.07.10 水野和敏的視点

このアイデアは素晴らしいが……

今年の4月にフルモデルチェンジを果たしたホンダ・ステップワゴンは、1996年に登場した初代から数えて5代目に当たります。通常どおり跳ね上げて使うだけでなく、左半分が普通のドアのように横方向にも開閉できるテールゲート「わくわくゲート」が話題になっています。

ラインナップは従来どおり、いわばノーマルバージョンの「ステップワゴン」と、スポーティーな内外装を持ち、装備が充実した「ステップワゴン スパーダ」に大別されます。エンジンは“ダウンサイジング”が図られ、新開発の1.5リッターターボ(150ps、20.7kgm)が搭載されました。トランスミッションは全車CVTです。スパーダの上級グレードにはシフトパドルが装備されます。

試乗車は、ステップワゴンの最上級グレードである「G・EX」(258万8000円)です。Hondaインターナビやリアエンターテインメントシステムといったオプション装備を付け、総額で318万7400円になっています。

さて、まずは新型ステップワゴンを特徴付ける、わくわくゲートを見てみましょう。「ホンダの開発チームはずいぶん頑張ったな」と感心していますが、ひとつ疑問があります。これだけ大きなテールゲートなのに、なぜ電動のパワーアシスト機構が付かないのでしょうか。


第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)の画像 拡大

第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)の画像 拡大

第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)の画像 拡大

第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)の画像 拡大

ホンダ・ステップワゴンG・EX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1695×1840mm/ホイールベース:2890mm/車重:1670kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:150ps/5500rpm/最大トルク:20.7kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/60R16 (後)205/60R16/車両本体価格:258万8000円


    ホンダ・ステップワゴンG・EX
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1695×1840mm/ホイールベース:2890mm/車重:1670kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:150ps/5500rpm/最大トルク:20.7kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/60R16 (後)205/60R16/車両本体価格:258万8000円
    拡大

第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
ステップワゴン, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ 2018.2.5 Honda車と過ごすプレミアムな休日<PR> 多人数が快適に過ごせて、ドライバーも走りを楽しめる。「ホンダ・ステップワゴン」は、そんな欲張りな希望を見事に両立させた、画期的なミニバンといえるだろう。“家族のプレミアムな笑顔”を求めてドライブに出掛けた。
  • ホンダが「ステップワゴン」を9月にマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース ホンダが9月にマイナーチェンジを予定しているミニバン「ステップワゴン」情報を先行公開した。パワープラントに新たにハイブリッドシステムを追加するほか、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能も強化するという。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
ホームへ戻る