VWゴルフとポロの40周年記念モデル、限定発売

2015.10.13 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ 40th Edition」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ 40th Edition」 拡大

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ポロ」の40周年記念モデルを限定発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月13日、特別仕様車の「ゴルフ 40th Edition」および「ポロ 40th Edition」を発表し、それぞれ2000台限定で発売した。

「ゴルフ 40th Edition」のバイキセノンヘッドライト。
「ゴルフ 40th Edition」のバイキセノンヘッドライト。 拡大
「ポロ 40th Edition」
「ポロ 40th Edition」 拡大
「ポロ 40th Edition」の15インチアルミホイール。
「ポロ 40th Edition」の15インチアルミホイール。 拡大

ゴルフ 40th Editionは、ゴルフの日本導入40周年を記念する限定車。以下の専用装備が与えられる。

・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
・ETC2.0対応車載器
・カミングホーム&リビングホーム
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能付き)
・オートライトシステム
・ヘッドライトウォッシャー
・レインセンサー
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー

ボディーカラーは、パシフィックブルーメタリック、トルネードレッドメタリック、タングステンシルバー、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクトの全5色で、価格は276万円。

一方のポロ 40th Editionは、ポロの生産開始40周年を記念する限定車で、以下の装備がセリングポイントとなる。

・フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム「714SDCW」
・リアビューカメラ「Rear Assist」
・185/60R15タイヤ
・10スポークの15インチアルミホイール

ボディーカラーは、サンセットレッドメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、トフィーブラウンメタリックの4色がラインナップされる。
価格は236万3000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ポロ, ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る