トヨタがアクアを一部改良、運転支援装備を採用

2015.11.04 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS」
「トヨタ・アクアS」 拡大

トヨタが「アクア」を一部改良、運転支援装備を採用

トヨタ自動車は2015年11月4日、ハイブリッド車「アクア」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「X-URBAN“Solid”」を設定し、販売を開始した。

■上級グレードに「Toyota Safety Sense C」を採用

今回の改良では、運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を「G」「G“ブラックソフトレザーセレクション”」「X-URBAN」に標準装備。そのほかのグレードにオプション設定した。このシステムはセンサーに赤外線レーザーと単眼カメラを用いたもので、プリクラッシュブレーキとレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの3つの機能を備えている。

このほかにも、信号待ちなどの際に、先行車が発進したことをドライバーに知らせる先行車発進告知機能をGとG“ブラックソフトレザーセレクション”、X-URBANに標準で、そのほかのグレードにオプションで採用。「L」を除く全グレードにおいて、運転席と後席のシートバックに買い物フックを追加した。

また、オプションの「シャイニーデコレーション」装着車の専用色として、新色の「パープルメタリック」を設定した。

「アクアX-URBAN“Solid”」
「アクアX-URBAN“Solid”」 拡大
 
トヨタがアクアを一部改良、運転支援装備を採用の画像 拡大
 
トヨタがアクアを一部改良、運転支援装備を採用の画像 拡大

■X-URBANをベースにクロスオーバー車らしさを強調

特別仕様車のX-URBAN“Solid”は、X-URBANをベースにクロスオーバー車としてのイメージをより強調したもので、エクステリアにはスキッドプレート(フロント・リア)やブラックのフロントグリル、バンパースポイラー(フロント・リア)、ルーフモールなどを採用。またスマートエントリー&スタートシステムや盗難防止システム(イモビライザーシステム)、コンライトをセットにした「スマートエントリーパッケージ」を特別装備している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・L:176万1382円
・S:188万7055円
・G:200万7818円
・G“ブラックレザーセレクション”:209万291円
・X-URBAN:210万109円
・X-URBAN“Solid”(特別仕様車):215万5091円
・“G’s”:243万1963円

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アクア」に上質なインテリアの「クロスオーバー“グラム”」が登場 2018.9.4 自動車ニュース 「トヨタ・アクア」に特別仕様車「クロスオーバー“グラム”」登場。ブラウンとブラックの専用インテリアが特徴で、ボディーカラーには特別設定色の「オリーブマイカメタリック」を含む5色を設定。スマートキーを標準で採用するなど、装備も充実している。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る