スポーティーな日産ジュークNISMOが復活

2015.11.20 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」 拡大

スポーティーな「日産ジュークNISMO」が復活

日産自動車は2015年11月18日、クロスオーバーモデル「ジューク」の新グレード「NISMO」を発売した。

ジュークNISMOは、モータースポーツの世界で培ったエアロダイナミクステクノロジーを生かしたエクステリアや、スポーティーな仕立てのインテリアを特徴とする、ジュークのプレミアムスポーツバージョン。

同じ車名のモデルは2013年2月19日に発売されたものの、2014年11月26日に、パワーユニットや足まわりにまで専用チューンを施した高性能モデル「ジュークNISMO RS」が発売されると同時に、カタログから消滅した。
今回は、スポーティーな内外装のジュークを求める市場の声に応える形での“復活”となる。

新生ジュークNISMOのベースとなるのは、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する4WDモデル「16GT FOUR」。
NISMO RSと共通の18インチアルミホイールやフロントグリル、前後バンパー、オーバーフェンダーなどでエクステリアがドレスアップされる。インテリアも、専用の本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリングホイール(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)、専用スエード調シート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)、専用内装フィニッシャーなどで飾られる。

さらに、専用の車速感応式電動パワーステアリングや専用サスペンションも装備。スポーティーなハンドリングと上質な乗り心地、高速安定性のトータルバランスを高めたという。

価格は297万1080円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ジューク, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジューク、売れてる色とグレードは? 2010.6.18 自動車ニュース 日産自動車は2010年6月16日、同月9日に発売したばかりのニューモデル「ジューク」の販売状況を発表した。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
ホームへ戻る