GM、シボレー・キャプティバの安全装備を強化

2015.12.21 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」 拡大

GMが「シボレー・キャプティバ」の安全装備を強化

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年12月21日、一部改良を受けたミドルサイズの3列7人乗りSUV「シボレー・キャプティバ」を日本に導入し、2016年1月9日に発売すると発表した。

「シボレーMyLink(マイリンク)」
「シボレーMyLink(マイリンク)」 拡大

今回の改良は装備の強化が中心となっており、インフォテインメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」を全車に標準で搭載。またアップル社のスマートフォンを車載モニターやSiri音声コマンドで操作できる「Apple CarPlay」機能を採用した。

安全に関するものでは、ドライバーの死角となる自車後側方を監視する「サイドブラインドゾーンアラート」や、自車の後方を横切る車両や人がいる場合にドライバーに注意を促す「リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)」、リアビューカメラを新たに装備。また、これまではリアのみだったパーキングアシストセンサーを、フロントにも採用した。

内外装にも手を加えており、エクステリアではフロントグリルやフォグランプ、アンダーガードのデザインを一新。ヘッドランプにはLEDポジションランプを内蔵した。一方インテリアでは、クラスターメーターと、インテリアトリムパネルなどを変更している。

価格は「キャプティバ」が379万円、「キャプティバ ラグジュアリー」が414万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『Clubpyme』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『Clubpyme』記者が乗った。


  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る